So-net無料ブログ作成
検索選択

最後の金メダル。 [子供]

今日は、将軍様の最後の「幼稚園の運動会」でした。気持ちは複雑・・・。しかし毎年行っていますし“年長さん”になった姿も見たいし、(一日なら頑張れる、行こう!)と決め!
今朝は、まさに“頑張り”ました。兄夫婦は先発で行っており、私とママりんはオヤジに送ってもらいました。

私達が座って間もなく“かけっこ”が始まりました。年少さんから順にやるのですが、(あ~のんのも、こんなにチビこかったんだなぁ~)としみしみ・・・。そして、いよいよ年長さんの番です。(おぉ、去年はビリだったんだから、今年は抜け出すんだぞ~)
構えは良かった・・・体に力入ってる?ほんわかしてるし・・・ビリ・・・。どうして肝心な時に闘争心が出ないのかねぇ~???

※このころ、雨が降ってきました。傘をさしながら観戦です。

その後は、お遊戯と障害物競走がありました。逆上がりが出来ない!二人組だけどビリ・・・。
<お遊戯の合間に>
10月11日 Ⅲ 002.JPG

お昼は雨の関係で、少し早めの昼食をとった後、父兄参加競技とフォークダンスで終わりでした。
この頃には、雨だったのが嘘の様に太陽が顔を出し、暑くなりました。

閉会式を迎えて・・・。
これ、ズームで撮ったのですが、先生方の挨拶に飽きていたのか、目ざとく見つけられポーズまでされちゃいました。
10月11日 048.JPG

そして。毎年頂ける、頑張ったねの“金メダル”最後に先生から首に掛けてもらいました。写真は撮れませんでしたが、気分は表彰台?かじっていました。
10月11日 Ⅴ 001.JPG

帰りの車の中で、かき氷を食べながら、運動会を振り返り、ごにょごにょ言っていましたが・・・「まぁ、園長先生の挨拶も良く言えてたよね」←上から目線かよっ。

夕飯は、お約束の外食です。二番目贔屓のお寿司屋さんへ。
のんのはお昼にちゃんと食べなかったので、食欲旺盛。~まぐろ・いくら×4・鉄火巻き~で、ストップがかかったものの、「まだ食べる~!エビ~!」と叫んでいましたが、「また、お腹痛くなるよ~」と却下されました。
しかし、将軍様はそう簡単に引き下がらない・・・。私が座敷の前の厨房に自分の分を頼みに行くと、すすすっとやってきて「ねぇ、内緒でエビも入れちゃって」と囁いて来ました。

まぁ~私が食べてもいいんだし・・・と思って頼みましたが、結局は「最後の一つ」と約束して食べさせてもらいました。が、まだ食べたい様子。でも、やっぱり却下。 だけど、お寿司が残っている私に・・・

の「ねぇ~ちょっとぉ~。そのイクラ頂戴よ。くれないとぶっ飛ばすよ」←私の真似!?
ゆ「ダメだって(うくくくっ)」
の「ねぇ~イクラってサビ抜きでしょ?いいじゃ~ん」
ゆ「あ、これはね、わさび入れてもらったの、好きだから」
の「うそ。ねぇ~このガリとイクラ交換して(うくくくっ)」←どう考えても成り立たない物々交換だよ。

お寿司屋さんでは、お約束になっているこのパターン。
結局、今度、近くに出来た比較的リーズナブルな回転寿司に連れて行くからと言って、撤収にこぎつけました。

そんな家族総出の運動会。楽しかったですが本当に疲れてしまい、食事から帰ってきて、しばらくはごろんとなって動けませんでした。でも、3個目で・最後の金メダルを掛けてもらって嬉しそうな顔の、のんのを見られたし、知らない子ばかりなのに頑張る姿に応援の声援や拍手をしたり、笑わせてもらえたり・・・こんな疲れは良い疲れなのでしょうね!

あなたの形に残った3年間の軌跡でもある、3個の金メダルは大切にとっといて欲しいなぁ。







nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これからも・・・ですか!? [子供]

平和な日曜日。テーブルのところでゴロンとなり、本を読んでいました。

ガタッ・・・。階段を上がってくる気配。(誰だ?オヤジ?)でも、その割には足取りが軽そう・・・。
廊下を走ってくる姿がすり硝子に移りました。 のんのでした。
引き戸を細く開いて、顔を出し、にんまり。
「またゴロゴロしてるの?」などなどお小言を言われるかと思いきや、ととと・・・とやってくると
「はい」と両手を突き出しました。 (ん???)
開いた小さな手の中には、一つのキウイが。

ゆ「ありがとう。獲ったの?」
の「うん。それでね、おばちゃんにあげようと思って持って来たの」
ゆ「そうかぁ。ありがとう。ちょっと硬いから、少しおいて柔らかくなったら食べるね」
の「冷やしてもいいんだよ」
ゆ「そうだね。じゃ、冷やして食べるね」
の「うん。もっと欲しかったら言って、持ってきてあげるから。それ(インターホン)を押して言えばいいからね。じゃぁね!」

驚きです。 うちにはキウイの木がありまして、毎年たわわに実を付けてくれます。収穫は主にオヤジとひろちゃんがしています。
でも、今回は手の届くところのを幾つか自分で獲ったのだそうで・・・。

不思議だなぁ~。特別に何か買ってあげた事もないし、世話を焼いているわけでもないし、怒るし・・・。(まぁ~好かれるのは嬉しい事だ)と流しちゃいましたが(^_^;)


そして、いつの間にか今日も夕飯を一緒に食べる事が決まっていました。
で、また二人でとことこ・・・。
今日のメインは“牛肉と玉ねぎの甘辛煮”でした。
どうやら、将軍様にはお口に合ったようで、ご飯を3杯とともに沢山のお肉がお腹に収まりました。

その後は・・・半強制的に私の晩酌は切り上げられ・・・そう、またもやキャラクターごっこです。(子供ってすごい想像力を持ってるんだなぁ~)と感心しながらも(つ・つかれた(>_<))
何とか「もっと強くなる様に、修行に出よう」と言って終わりにしました。
食器洗いは、母がやってくれたので、簡単に片づけをして帰ろうとした時・・・

の「ねぇ、おばちゃん。今度の日曜日もご飯食べに来ていい?あ、これからずっとの日曜日」
(マジですかっ!!!)
ゆ「おじいちゃんに聞いてみな」
もちろん、ダメだなんて言いませんよねぇ~。かくして毎週私は「デイジー」になる事が決まりました。

もちろん、一緒に食事をするのは楽しいですよ。でもぉ~“キャラクターごっこ”、戦いのシーンが多くて結構疲れるんです(^^ゞ

でも、今のうちだけですもんね、追いかけてくれるのは。あっという間に「うざい」とか言われるんですよね(言ったら、しばきたしなめますけど(^◇^) )
せいぜい、今のうちに想い出を沢山つくっておきましょうか!!!






nice!(9)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

殺し文句。 [子供]

先日の事です。エステに行こうと思ったら車が出払っていたので、ひろちゃんの車を借りていくことにしました。
訪ねて行くと、庭先にのんのとひろちゃんがいました。すぐに用件を言い出さず、別の話をしていたら、のんのに遊ぼうと言われてしまい、「ごめんね、今から出かけるの」と言うと一緒に行きたいと・・・。

ゆ「ごめんね、今日は買い物じゃないから連れて行けないの。お顔奇麗にしてもらうのね。で、その間1時間くらいのんの一人ぼっちになっちゃうんから」
の「大丈夫。行く」

ここから大変でした。ひろちゃんが「おばちゃんは、遊べる時には遊んでくれるんだから、ダメって言う時はダメなの」「のんの、一人で待っていられないでしょ?」「おばちゃんも、のんのが心配でゆっくり出来ないんだよ」などなど言い聞かせるものの、敵もさること・・・行きたい一心でことごとく反論。
で、しまいに・・・

ひ「そうやって、我儘言うと、おばちゃんに嫌われちゃうからね」
の「我儘言ってないもん」
ひ「言ってる。そんな我儘なのんのとは遊びたくなっておばちゃんも思うんじゃないかな?」
この辺は無言です^^; 何となく人ごとの様な・・・良く泣かないなぁと思いながら眺めていました。
すると・・・

の「我儘じゃないもん。ただ、おばちゃんと一緒にいたいだけなんだもん」

あははっ!いや、ど~も。殺し文句だねぇ~お嬢ちゃん。おばちゃん冥利につきますよ。ん~。彼氏が出来たら忠告してあげよう。・・・じゃなくて。嬉しかったですが、どう言われても、連れては行けません。

結局、「いってらっしゃい」も言ってもらえずに出掛けました。

そして、楽しい時間を過ごして、お土産にパンを買って帰宅し、鍵を返しに行きました。
ガチャ・・・っと玄関ドアを開けて「ただいまぁ~」と言うと、リビングからのんのが出てきました。そして・・・
の「おばちゃん、ごめんね・・・」
ゆ「何が?」
の「行く時に変な事言って」
ゆ「で、分かった?」
の「うん」
ゆ「じゃ、いいよ」
の「コーヒーでも飲んで行きないよ」
と言われて上がり込み、二人で仲良くご飯まで頂いてしまいました。

ところで。謝っている彼女に「何で?」と、敢えて聞くのは意地悪に感じるかもしれませんが、私なりに思う所がありまして。
私はこの年になるまで両親や身近な人に「ごめんなさい」をちゃんと言えませんでした。でも、「ごめんなさい」って「ありがとう」と同じに大切な言葉ですよね。そして、何に気が付いて謝りたいと思ったのかを伝えるのも大切かなって思うんです。いい訳と紙一重?かもしれませんが、“何故”という理由やその時の気持ちを添えることで、誤解が解けたりする事もあるんですよね。
そんな事をのんのに伝えたいのです。どうやら、母曰く「ゆうに似て天の邪鬼」みたいですし・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はぁ~今週も終わった・・・と、一人静か?に晩酌をしております。

夕飯を食べながら、マッチ主演の二時間ドラマを見て(どぉ~~してこんなにカッコイイんだろ!)と溜息。恥ずかしくてテレビを注視出来ません!バカですよねぇ^^;
でも~W杯予選に稲本が召集されたので念の為?明日は忘れずにビデオセットすろぞと意気込んでいる私・・・。
♪ 私 ただのミーハー ♪  ←何の歌の歌詞か分かった人は意外とマニアック???








nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なりきり・デイジー! [子供]

今日は”ごろごろ・まったり”日曜日のはずでした・・・。嵐に見とれて、24時間テレビを見て夜更かしをしてしまっていたのでなおさら・・・。なのに・・・2時近くでしょうか、かおりのお守に飽きたオヤジに呼び出されました。

かおりを預かり兄宅に行くと、家族総出で芝刈りをしていました。のんのもミニ芝刈り機を手に頑張ってお手伝いしていました。

ひと汗かいて、私・のんの・かおりは部屋に入りました。早速、Wiiでマリオを始めました。しかし、ほとんどWiiをしていないし、マリオは初めてなので、私がもたもた・・・。
「Aを押して」「サイコロを押して」(それはどこなのよ!)「もぉ~~貸して」(貸すよ!)「いいえ、いいえを押して!」(押したいよ!)・・・だんだん腹が立ってきたので、つい大人気なく
「おばちゃんは、初めてなんだよ、すいすい出来るわけないだろっ!」
の「・・・・・」
ゆ(ふんっ)
の「ねぇ、今度から、始める前に、遊び方を読んでからやろうね」
ゆ「そうだね。それがいいと思う」

和解成立後、しばらく、遊んでいると、オヤジ・兄夫婦が入ってきました。すると、のんのが・・・
「おかあさん、今日はおばちゃんと一緒にご飯食べたいんだけど、いい?」
あれやこれやと相談して、段取りが決まりました。ところで。この相談中、彼女は自分のしたい段取りを話してみたものの、一部却下になったのですが、驚いた事に、のんのは素直に聞き入れました!
な・なんと成長したことか!!!

その後、自分の買い物を兼ねて、私とオヤジで買いだし、のんのはお風呂に入って、私が迎えに行くのを待つ事になりました。

買い物をちゃっちゃと済ませ、のんのを迎えに行って、いつもの様に、おばあちゃんの所へとことこ・・・。
のんのは、何やらおかずを作ったと、楽しそうに袋を抱えていました。

いつもと同じような、お刺身・揚げ物などを並べて頂きま~す!
と、そこで、のんのの、おかずのお披露目~。ニョッキの中に人参・インゲンが入った物でした。食べてみると、もっちもちでジャガイモとインゲンの匂いが残っていて、とても美味しかったです。

私の横に座りたがるのですが「お酒の匂いがするから、ビールは近くに置かないで!」とのたまうので「のんのが20歳になっても、おばちゃん絶対に一緒に飲まないから」と言うと「いいもん。飲まないもん」「へぇ~。本当に飲まないからね。絶対に」「・・・・・やっぱり飲む」(はっはっはっ!!!)←小さい大人・・・。

お米はイマイチでしたが他の物をしっかり食べ、おばちゃんからOKが出たので、お待ちかねの“キャラクターごっこ”の始まりです。ちなみに、私は「デイジー」のんのは「きのぴこ」に変名しました。

そこからは・・・。呑み・食べしている場合じゃない!いい塩梅で諦めて、デイジーになりきりです!
今日の私達は”色々な世界を股にかけて活躍するアイドル”だそうです。
きのぴこ「いい、私達が誰かバレるとピーチに怒られるから、いつもはレストランアルバイトしているのね」
デイジー「分かった」
き「さぁ。夜になったから、違う世界に行ってみよう!」
で「今度は、どんな世界?」
き「ん~。あの世?」   一同爆!!!  どこで覚えたんだよ?

その後、隣の和室で懐中電灯を頼りに、悪い人達と戦いました。
き「デイジー、悪い人に会ったら、これで倒すのよ」
で「分かった。頑張ろう!」
き「うん。でね、負けそうな時は、二人でこれを合わせてパワーを投げつけるの」
で「うん。さぁ~。あ、いたっ!」
えい、えい、それぇ~! 留めは二人で「行くわよ、せーの、そぉれぇ~~~!」

似たようなシチュエーションで数回・・・。疲れました・・・。

で「きのぴこ、もうパワーがないし、後の敵には今の私達じゃ勝てないわ。修行をしてきましょう」
き「うん。そうだね」
で「じゃ、最初の修行。食器を洗いましょう!」

何とか誤魔化して、食器を洗って、ジュースを飲んで「おやすみなさ~い!」

丁度、兄が傘を持って迎えに来てくれたので、長屋の所で今日はお別れ。「おやすみ」と言うと・・・
「おやすみぃ。明日、事務所で会おうね!絶対ね。のんのは4時ちょっと前に帰ってくるからね」

仕事よりもプレッシャーのかかる用事が出来てしまいました・・・。







nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こりゃ、どーも。 [子供]


いや・・・昨夜は筆?指?が走っていましたねぇ~(^^ゞ 普段は発泡酒二本なのですが、昨日は家で晩酌をしたので、いい気分になっていました。なのに、更に飲んでいたので、暴走?あ、今日も同じパターンなので、走っちゃいかも(^_^;)

この二日間、湿っぽい話でしたが、今日はOKです。暴れん坊・のんの・将軍の事ですから・・・。

夕方、私と遊べなかったので「おばちゃんと、おばちゃんの家でご飯食べる!」と言う事になりました。

風呂に入って来たのんのと手を繋いで、いつもの様にとことこ・・・。ふと、手をぐいっと引かれました。
の「白線から出ちゃているから、もっとこっちにおいでよ」
ゆ「ありがとう」

おばあちゃん家に着いてからは、せっせとお手伝いをしてくれました。
が、その途中のこと。
の「おばちゃんってさ、ごくせんの、ヤンクミに似てる!」
ゆ「え~ホントっ?!」
の「うん、ダサイ眼鏡がね!」(お前に食わせる飯はねぇ~!)

今夜のおかずは“マーボー春巻き・ミニメンチ・鶏つくねの団子揚げ・たことかつおのお刺身”がメインでした。
みんな揃っていただきま~す!

私は発泡酒をぐびぐび・・・。発泡酒を飲む時には半分までは食べません。のどを潤す感じなのですね。残り半分で食べ始めるので取り皿にはちゃんと食べた物を乗せてあるのですが。ところが・・・。
の「こらぁ~。酒だけで呑んでんじゃねぇ~~~!食べろよっ!そっち、じいちゃんも、食え!」
とお叱りを受けてしまいました。

今日も快調のご様子。

のんのに気を使ってテレビを消しておいたのですが、その彼女から・・・「じいちゃん、サムライ(時代劇)見ようよ」
家では見ないだけに、珍しいのですね。そりゃ、じーちゃん喜んでスイッチ・オン!

しばし、静かに見て・食べて・・・。

ビデオが終わると、またまた賑やか。のんのは突然、ど~んと横になり「ごっつぉーさん」
(まぁ、おかずはそこそこ食べていたけど・・・)
ゆ「はい。ぶぶ~。アウト。認められません。ご飯が半分以上残ってるよ。ちょっと休んだら、食べなさい。」
すると、起き上がりました。(やっぱり、ナメてんな)
と、おもむろにお茶碗にニミメンチを二枚入れました。(お腹一杯じゃなかったの???)そして、何をするのかと思えば・・・。
メンチ二枚の間にご飯を挟んで“逆メンチ・バーガー”を作りました。(そうきたか?)
しかし?やっぱり?半分食べて「いらな~い」・・・・・(そりゃ、そうだ。でも、いけなぇなぁ)
ゆ「あと、5回バクバクって食べれば終わっちゃうんじゃな~い?そうしたら、今日の夕御飯はバッチリでしょ~!」
で、ちゃんと食べました。その頃、私も(お茶にしようかな)と思い、片付け始めたので、母がスイカを切ってくれました。

その後、皆でお茶を飲んでいる時。私とオヤジが「自治体でお米が余って困っている」事について話をしていました。しかし、オヤジは酔っていたので、同じ言葉を繰り返し、話がなかなか先に進みませんでした。
そんな様子を見ていたのんの・・・
の「じーちゃん。どうして、自分より歳が下の人が分かる事が分かんないのよ!?おばちゃんは・・・・・って事が言いたいの!」
いや、この時のオヤジの苦笑いは見ものでした。久々に「こりゃどーも」って呟くのが聞こえました。

そこで、のんのに、私が話していた事「日本じゃない国の中では、ご飯をちゃんと食べられない人達がいるのね・・・」と説明をしようというそばから「分かっているよ。日本ではゴミみたいな物を食べて生きているんだよね?」
ゆ「そう。そうなんだ。だから、その人達にご飯を食べてもらいたいなぁ~って思ったの」
の「ん~。そうだよね。それは可哀そうだよね。ブーンって届けられたらいいのにね」
ゆ「そうだね」

この年代は本当に微妙だ~。聞き分けがないと思えばドキっとするとところで確信を付いてくる。

しかし。車の中で「うちの家族は誰も亡くならないよ。ず~っと皆で暮すんだよ。」こんな些細な言葉に嬉しさを感じ、帰りの車の中では(本当にそうなりたいよ)とおもいました。



nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そんなレベルなのね。 [子供]


昨日の事なのですが。
[犬]散歩に行く前に、兄宅へ新聞を置きに行きました(うちは3軒読みまわし^^;)いちいち中に入るのも悪いので、袋に入れて玄関ドアの取っ手にかけておきます。
昨日は、そこで、のんの将軍に見つかり?ました。リビングの窓から「おばちゃ~ん[るんるん]
顔を出してみると、のんのはゲームをしていて、ひろちゃんはかおりを抱いてソファーに座っていました。
かおりは、益々ぷっくりしてきて、腕なんて“ボンレスハム”みたいで・・・。ご機嫌で私を見てケタケタ笑っていました。
ひろちゃんに、今回のジョンの事を話しましたのですが、一緒に聞いていたのんのは、私が噛まれた痕をみてビックリ[がく~(落胆した顔)]

それから、[犬]軽くトイレコースの散歩をしました。(除走からいかないとね)
私達が散歩に行っている間に、三人は庭に出てきていました。

ジョンがはふはふしながら敷地に入り3m距離に近付くと、のんのは、だだだぁ~~と車庫の奥に逃げてしまいました[わーい(嬉しい顔)]ひろ&ゆ「憶病なんだからねぇ」ジョンを繋いでからは戻ってきて「のんのがお皿に餌を入れてあげる」と言い、せっせと入れていました。でも、もちろん?近くには行けずに物置の窓にへばりついて「ジョン、おすわりぃ~!」・・・・・いくらなんでも、座らないだろう[あせあせ(飛び散る汗)]

その後、庭でかけっこの練習をしました。去年の運動会ではビリでした。と言っても3人で走るので、“競争”っぽくなかったですが。でも、本人なりに一等賞を取りたいのでしょうか、最近は練習の回数が多いです。
(こんな狭い庭を走ったって速くなるとは思えないけどねぇ[バッド(下向き矢印)])と思いつつ、指示に従って何度か走りました。それから良く分からないルールの追いかけっこも。

ちょっと息が切れてきたらしく、「はぁ~」と言いながら椅子にどかんと座りました。
そして目の前に立っている私向かって「さぁ~練習の成果を見せてちょうだい[exclamation]」と言いました。
(はぁ???)
ひろ「成果を見せるのはのんのでしょ」
ゆ「そうだよ。おばちゃん、運動会ないよ」
の「それは分からないでしょ?高校に入ったらあるかもしれないでしょ」
ひろ「ちょっと・・・何言ってんの[ふらふら]
ゆ「はっはっはっは・・・。またおばちゃん受験かよ。で、どこの高校に入れると思う?」
の「そんなの分かんないよ」

そうか・・・。あなたの中では、おばちゃんは「中学生」くらいなのね。だから、やっぱり「同じ子供」なのね。まぁ、いいよ。どうせしばらくしたら英語を教えられるんだろうなぁ~[たらーっ(汗)]
ん~。何か一つ「おばちゃんスゴイ」って言ってくれるものを身に付けておかなければ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]



nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

微妙な位置関係。 [子供]


今日は土曜日~たらりんちょ~[かわいい]
起きてから1時間後・・・・「おはぁ~ のんのだよ~ おばあちゃんちにいるよ」とご機嫌な[携帯電話]メールが届いた。返信をすると、今度は母からで「家族で来たんだけど、おばちゃんとご飯食べるから残るってさ。宜しく。」と、ありがた~いお言葉が返って来た・・・[たらーっ(汗)]

そんな訳で、早目に家にとことこ・・・[くつ]
既に母は天ぷらを揚げ始めていました。私とのんのはテーブルの上を片付けて食事の準備。今日は“天ぷら・海老フライ・ポテトフライ・タコの刺身”がメインで、のんのが海老の殻を剥き・玉葱を切り芋を洗い・・・頑張ったらしい。「ありゃ~良く出来る様になったんだねぇ~[グッド(上向き矢印)]」と頭をポンポンすると、スマ~イル[黒ハート]

テーブルにお料理満載になって、ご飯をよそいましょうとなった時
の「おばちゃんのも、よそってあげる。お茶碗どれ?」
ゆ「あ~。おばちゃんは[ビール]お酒飲むからいらないよ」
とことことこ・・・
の「ご飯くらいちゃんと食べなさいっ!」
ゆ「はい。すみません。・・・あ、水もいらないよ」
の「ご飯を食べる時に水を飲むのはいい事なんだからね、飲みなさい!」

の「海老フライなんだけど。うちが5本食べるの。(全10本)で、残りの5本はね。4人で一本ずつで、残った1本はじゃんけんね!」・・・・・残りの計算をする時に必ず自分を入れる、したたかな計算方法はどこで覚えたのだろう・・・?[あせあせ(飛び散る汗)]

(ところで。先日の「彼女の気持ち」http://blog.so-net.ne.jp/yucchidane/2008-04-14/trackback以来、“この家にいるときは、少し幅を持とう”と考えていました。)

いただきま~す。早速海老フライに端を付け、順調に平らげて行きます。そして“にんじんの葉と桜えびと玉葱のかき揚げ”を食べて「美味しいよねぇ~!」 タコもちょいちょい。今日は食のムラはいい方に傾いている様子。
途中、お味噌汁をこぼしてしまい、足にかかってしまいました。すると・・・ふにゃ~と泣き出しそうに。
ほんのちょっとだったので、拭いてあげて事は済みましたが(どうして、こんな些細なところに神経質なんだ?)と不思議に思いましたが・・・あ、私だ、と気付きました[バッド(下向き矢印)]

遠慮をしつつ私も大好きな海老フライを食べたり、豪華なおかずで美味しく呑んでいると・・・
の「あのさぁ~。のんのとおばちゃんって同じだよね」
ゆ「どこが?」
の「だって二人とも子供じゃない」
一同 爆[どんっ(衝撃)]
そりゃ~私も両親からすれば子供だけど、彼女の言いたい事は本質的なところだよねぇと考えたら・・・しかも同じ?レベル?と思ったら納得だけど、悲しくなりました[ふらふら]

彼女の食事が済んで、お気に入りのビデオを見る事になりました。教育テレビの“工作”の番組です。
ゆ「あ、これさ、この間見たよね」
の「この間じゃねぇだろぉ。去年だろ?」
ゆ「あぁ・・・そうだったね」

何とか一応?大人の威厳で「ご飯とお味噌汁は食べなさい。おかずだけでは体に良くないんだよ」と言い聞かせ食べさせましたが、”じゃあ、おばちゃんもご飯たべなよ”と突っ込まれなくてホッとしました[グッド(上向き矢印)]

でも、今日も、あなたは、おばあちゃんと私が話していても、割り込んでまで一生懸命に色々話してくれたね。幼稚園でやっている体操も見せてくれたね。何よりも、最初に見せてくれたスマイル!最近顔を見ていなかったせいか、嬉しかったよ。子供同士、仲良くしようねぇ[かわいい]





nice!(10)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彼女の気持ち。 [子供]


ジョン[犬]の散歩を終えて、ちょろりと事務所の前で草取りをしていると、兄宅[家]の方からバタバタと走ってくる音がしました。植木の隙間越しに見るとのんのだったので「おう」と呼ぶと、ととと・・・とやってきました。

の「おばちゃん!あのね、聞いてもらいたい事があるんだけど」
ゆ「なんでしょう?(悩みじゃないよね)」
の「おばあちゃんちでご飯食べるには、何時に行けばいいの?おばちゃんと一緒に行こうと思うんだけど」
ゆ「ん?今何時?・・・で、おばあちゃんとお母さんに話したの?」
それからひろちゃんの所に行き、相談。一番の問題は“のんののお風呂”でしたが、なんだったら私が家で入れてこようか?という提案が採用され、着替えを持って今回も手を繋いでおばあちゃんちへとことこ。

今日のメインは“野菜たっぷり焼きソバ”その他に「海苔でご飯を食べたい」と言うので、ちょっとご飯も用意しました。「いただきまぁ~す」・・・は、良かったがまたもや先日の様に遊び優先。(んもぉ~)ついつい小言が・・・[どんっ(衝撃)]
すると、のんのは「うち、食べる度に怒られてばっかり・・・飽きちゃったよ[バッド(下向き矢印)]
ペソっとして泣き出しそうな顔になってしまいました。

(あ~いけない![がく~(落胆した顔)]) ゆ「ん~。おばちゃん、またキツイか?」  コクン。
ゆ「そうだなぁ~。ごめんね。でも、怒ってないよ。夜寝る時にのんののお腹がグ~ってなったら大変だなぁと思ってさ。前に倒れちゃったことあったでしょ?だから、沢山食べて欲しいと思うの」
の「分かってるも~ん!」

去年の事ですが。食にムラのある彼女は“低血糖”で倒れてしまいました。誰もが始めての事なので、とても戸惑い・心配したので、ついつい食事の時に寄ってたかって「食べろ・食べろ」と言ってしまうのです。

それにしても、今日の私は良くなかったです[ふらふら]最低限のマナーを守らせる以上の事を言ってしまっていました。気負っていたというのか融通が利かないというのか・・・。振り返れば自分が子供だった時、両家の祖父母の家では普段の世界を抜け出して羽を伸ばせる場所でした。それは、近所に住んでいても同じ事なんだ。のんのにしたら、ここは羽を伸ばせる場所でもあるんだ。
悪い事をしたなぁ~と反省しました[バッド(下向き矢印)]

そしてその後は、しばらく好きにやらせました。じーちゃんとばーちゃんにも黙らせました。
とたんに“のんのスマイル”が戻りました。良かった[るんるん]
食わず嫌いが多いのに、クセのある“カキフライ”を「おいしぃ~!」と食べた時にはみんなビックリ[exclamation]

そして・・・彼女の笑顔をつまみにして呑んでいた私に・・・
「酒ばっかり呑んでんじゃねぇ~!!」   一同“爆”[わーい(嬉しい顔)]

最後は食べ比べをして、何とか一食分を食べさせました。(ふぅ~)
ちょっと遊んでお風呂です。

のんのとお風呂に入るのは二回目です。(ばあちゃんちの段差のあるバスタブが気に入っています)
湯船の中で段差に座って、ご機嫌な彼女。その後、髪や体を洗ってあげれいる間、ずっと幼稚園の話をしてくれました。
ゆ「じゃ、最後に少しお湯につかって出ようか」
ジャブンと入った時でした。
の「うち、もっと早く産まれてくれば良かったなぁ・・・」
ゆ「ん~?何で?」
の「だって、おばちゃんともっと長く一緒にいられたでしょ」   (心で)泣きましたねぇ~。
ゆ「ん~。これからもずっと一緒にいられるじゃない?何処に住んでいても、おばちゃんはずぅ~っとのんのの近くにいるよ」
の「そっか~。良かった」

私の方が良かったです。先日、泣かせてしまったので、当分はおばあちゃんちでご飯を食べると言う事は無いだろうと思っていたのに異例の早さ。それだけでも安心したのに・・・。3歳の頃はよく「おばちゃんが一番好き」って言ってくれていたけど、一年振りくらいの嬉しい言葉。(幼稚園にも行っていたし、遊ぶ機会が減っていたもんねぇ)

ごねんね、のんの。あなたをフォローするって言っていた私があなたに嫌な思いをさせていたね。。おばちゃん、まだまだ修行が足りないね[バッド(下向き矢印)]
今日みたいな日は“それはダメだろう”という時に怒ればいいんだよね。普段お父さん・お母さんがちゃんと教えているもんね。

夕飯の支度をしているのにテレビを見ながら「おばちゃん、来て、見て!」と呼びに来るあなた。
私のする事は、あなたの笑顔を保つこと。
それには、あなたの気持ちをもっと考えなくてはいけない・・・。あなたの気持ちを読めるようにならいとね。
今日は新しい発見の日でした[手(チョキ)]











nice!(9)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絆。 [子供]


今日も「休日」。三日目になりました。ジョン[犬]の散歩を頼んだ母から「久し振りに、のんのが夕飯に来る」と聞きました。何とか“日曜日にしよう”“おばちゃんがいる日にしよう”と誤魔化そうとしたものの、ダメだったそうです。
(は・・・。行かないわけにはいかんなぁ。あの二人じゃ手に負えないよ[ふらふら]
無理しなくても・・・と母は言ってくれましたが、聞いちゃった以上はねぇ~。

夕方六時。お手て繋いでおばあちゃんの家にとことこ。
最近、例の“お付き合い宅配便”で食材が豊富。珍しくのんのの希望を聞いて“春巻き”を作りました。私も大好物。
出来立てを、はふはふと食べだした彼女にしばし遅れて私も食卓[ビール]に付きました。

主食はこれまた好物の“お蕎麦”と聞き、にこにこ顔で「来て良かったぁ~[かわいい]」と私に笑いかけるのんの。

ところが・・・。やはり遊び始めてしまいました。かしこまれとは言いませんが・・・ちょっと・・・。
数回注意したのですが、効き目なし[バッド(下向き矢印)]

ゆ「のんの。遊ばないで食べなさいって言っているでしょ?ちゃんと出来るのに、やらないのんのは、おばちゃん嫌いだな[むかっ(怒り)]
緩やかに歪んでいく顔。
の「うわぁ~~~[あせあせ(飛び散る汗)]

やっちゃった。とは言え、30秒くらい様子を見て「おばちゃんの言い方キツかったな」と言っても反応なし。もしかしたら(泣きたいのかなぁ[ひらめき])と思いました。自分の事を棚に上げただけなのかもしれませんが、かおり中心になっている環境は、順応している様でも彼女なりに色々我慢しているのかも?だって、こんなにヤワな子じゃなかったもん。

子育ての経験からか、母はのんのが泣くと不機嫌になり、オヤジはなだめようとする。でも、今回は「いいから、泣かせて」と偉そうに言って、どんどんクレッシェント[演劇]していく泣き声を聞き、顔を眺めていました。思いっきり泣いている彼女を見ていたら不思議に微笑んでいました。泣きたいだけ泣け。
暫くして、母が声を掛けると返事をしましたが、私の言葉には反応なし。なのに、ずっと私に顔を近付けて泣いている。ものすごく愛おしくなりました[ハートたち(複数ハート)]

やっと泣き止んだ頃「ね、おばちゃんは、のんのがちゃんと出来る事を知っているから怒ったの。分かる?」と聞くと、またもや顔が歪んだ。「もう、泣かない」とおでことおでこをコツンとして何とか仲直り
それからは、いつもの彼女に戻って楽しく食べて・おじいちゃんと遊んで・・・[るんるん]

帰る時、玄関で靴を履きながら
ゆ「今日は、お母さんにいい事言えるね。ちゃんと食べて・洗い物手伝ってくれてさ」
の「でも、泣いちゃった。大泣きしちゃった・・・」
ゆ「ん。おばちゃん言い方キツかったもんな。でも、おばちゃんは、のんのが大好きだから・・・・」
って・・・メガネを外して上下逆にかけ直して喜んでるよ・・・[ふらふら]
ゆ「こらぁ~。それじゃ落ちちゃうの」

帰りの道。手を繋いで私が車道側を歩きました。すると、
の「おばちゃん。もっとこっちに来な。白い線の中に入らないと危ないよ」
ゆ「うん。ありがとう」

何だろう?いつもと変わらない優しさなのに。あなたのとてもいい所。人を責めない所。そんな所をしみじみ感じたのかなぁ?
それに泣かされても、あなたは私を嫌い・怖いって言ったことないね。
こんな感じを“絆”って言うのかなぁ?
あなたと過ごした5年間の絆。
男の子に間違われたあなたが、今は私のアクセサリーネイルチェックしている。
早いものだね[ぴかぴか(新しい)]



nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ま・まとまらない・・・。 [子供]


今宵も“恒例・晩酌”。週を重ねるごとに日本酒も強くなっている気がしてきました。マズイ・・・[バッド(下向き矢印)]

今日は、うちの三代目暴れん坊将軍・のんのの話です。
物心付いた頃から、家(両親の家)でおやつが出ると「お母さんお父さんの分も」と言い、家族分持ち帰るようになりました。まぁ、最初は「優しい子」とほのぼのしていました。
ところが、去年。ちょっとした機会に、持って帰っていたお菓子手提げ袋に入ったまま「どうして、ここに?」と思う様な所に放られている事を知ってしまいました。(こりゃ、いかんなぁ[ふらふら]

そして先日、美容院に行った日、最後の土壇場で持ち帰るお菓子の数が足りないと泣かんばかりに大騒ぎ。(お譲ちゃん、アウトだね[パンチ]

で、今日。私の部屋でポテチを食べながら「あのね、これじゃなくて、新しいのを持って帰る」と言い出しました。

ゆ「持って帰ってどうするの?」
の「お母さんと食べるの」
ゆ「そぉ~?お父さんが全部食べちゃうか、その辺に置いておくんじゃないのぉ?」
の「ううん。食べるもん」
ゆ「ふ~ん。でもダメ。それはね、のんのがここに来た時におやつに食べてもらおうと思って買っておいた物なの。だから、ここで食べていけばいいの」
の「やだ。持って行く」
ゆ「ダメ。ここにあるお菓子は、のんのが食べられるように買って置く物なの。おうちに持って帰ってもらうためじゃないの。おうちに持って帰ってみんなで食べて下さいって物は、おじいちゃんもおばあちゃんもおばちゃんもちゃんと渡しているよね?」
の「でも、持って行く」
ゆ「ダメ。いい?考えてごらん。お友達の家に遊びに行った時、おうちの人がみんなにおやつをくれた時ね。のんのが、お母さんにあげたいからもっと頂戴って言ったらどうなるだろう?のんのにだけ多くあげる事は出来ないし、他の子ももっとって言ったら、おうちの人は困っちゃうよね?それは良くないよね?よそ様のおうちでは、そんな事はしないの。どうぞって出された物をありがとうって頂くの。それだけ。今は、それと同じ事をおばちゃんは言っているの。おばちゃんは、遊びに来たのんのに食べてもらうおやつを買っておくの。それだけ。」
の「だって・・・のんのは、たまにはーちゃんちに行くだけで、遊びに行けないもん[exclamation×2]
ゆ「そうね。今は幼稚園のお友達は、はーちゃんだけだもんね。でも、学校に行き始めてお友達が沢山出来て、色々なおうちに遊びに行くよね?その時、のんのは一人だけ“もっと”って言っておうちの人を困らせるの?それはいけないって言ったね?」

もぉ~途中で、自分が何を言っているのか分からなくなってきました[ふらふら]
のんのも、言う事を聞きましたが、納得したんじゃなくて何が何やら分からなくて言葉を失ったのではないか?と思いました[あせあせ(飛び散る汗)]
更に「おばあちゃんの家やおばちゃんの部屋なら、おかわりしていいよ」など補足したい事が浮かぶのですが、どこに挟んでいいかも、もちろん分からない・・・[たらーっ(汗)]

はぁ~難しい。今度からは、しっかりまとめてから話そう[もうやだ~(悲しい顔)]





nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。