So-net無料ブログ作成

もう、大丈夫。 [病気]

昨日は、前記事に書いた、友達のお母さんの告別式に行ってきました。
お焼香の時、改めてお母さんの写真の近くまで来たら。。。沢山のお母さんの顔が浮かびました。
うるるるぅぅ。。。
隣に立っている遺族。
ぺそっとして背中を丸くしているお父さん。(あぁ~やっぱり[ふらふら]
そして、気丈にしっかりと立っている同級生。でも、目が合ったら涙がぽろん。。。彼も目を赤くしながらも、頷いていました。
最後の、(同級生の)皆様への挨拶も立派なもので、不思議とその時(お別れなんだ・・・)って深く入って来ました。
お母さんお疲れ様、そしてありがとう。。。



話が前後しますが、前の日はこれまた前記事に書きましたが、”胃カメラ”を飲んできました。
結果・・・胃潰瘍でした[バッド(下向き矢印)]軽い方なので、薬で治す事になりました。
疲れやストレスが胃に出やすいので、若い頃から何度か胃の検査はしてきましたが、潰瘍になったのは初めてです[あせあせ(飛び散る汗)]まぁ~納得ですし、むしろ癌じゃなくてホッとしました。



今日は病院[病院]の日でした。訳あって一人で行きました。
相変わらず混んでいて、持参した本を読み疲れたあたりでやっと診察室に入れました[たらーっ(汗)]

今日も爽やかなたかちゃん先生に、「どうでした?」と聞かれて「散々でした[ふらふら]」と言うと、“あれあれ^^;”って顔です。

そして、理由を話しましたが、それは胃潰瘍にも大きく関係があって、私が病院に一人で行った理由でもあります。

5月の診察の日。ママりんと待合室で話している時に、いつもの様に仕事それもお金の話になったのですが、それが流れ流れて、絶句する様な事を言われました。
きっと、親にその言葉を言われた人はとっても少ないと思いますし、言う親もこれまたとっても少ないと思います。

以前書きましたが、ママりんは昂ると感情とインスピレーションのままに言葉を発する悪い癖があります。一歩止まって言われた方の気持ちを考えてみるって工程が欠落してしまうのですね。
更に“一言で相手を壊滅させる”という素晴らしい才能を持っています。
何度も言われてきましたが、今回はダントツです。

どんだけぇ~?かって言うと・・・たかちゃん先生でさえ
「ゴメン、僕も驚いちゃった(^^ゞ・・・そんな事言うんだね・・・今まで、(ここで)一緒に話を聞いてくれていたのにね(^_^;)凹んじゃうよね」と、言ったほどです。

ゆ「でも、母が私を嫌っているとか思いませんし、私も許せないとかって思いません。ただガッカリって感じなんです。だけど、ショックが大きくて、前みたいにあーだこーだ考えてはいないのですが、頭の中にこびりついてしまって・・・父と兄に”流すしかない”って言われて、そうだよなぁって。母がそうなのはずっと知っていた事だし、変わらないから、私が流したりあまり接触しない様にして工夫するしかないんですよね」
た「そうだね。もう、お母さんの事は流すしかないね」
ゆ「それに、従業員がクレームを起こして処理を考えたり・・・何だかんだで、凹んですごく疲れています。でも、無理だろうけど、そんな言うんだったら私が黒字にしてやる!って気持ちも芽生えてきました」

た「ん~。そうだね、Iさんは変わったよ。全然違う人になったよ。僕は凹んでいる事を聞いても、胃潰瘍になった事を聞いても、じゃ、抗鬱剤を元の量に戻そうとは考えないよ。(4月・5月で量が減りました)自信もってやっていいよ。もう、大丈夫だから
ゆ「そうですか」

た「ところで、薬はどう?」
ゆ「それが、メインの抗鬱剤を半月ばかり飲んでいません」
た「全く?」
ゆ「はい。飲まない方が体が軽くて動けるんです」
た「ん~、やっぱりもう、体が薬を必要としなくなってきているんだね。でも、いきなり全部止めちゃうのはいけないね[あせあせ(飛び散る汗)]
ゆ「そうですよね。でも、眠気が出るから、朝と夜とどっちに飲んだら良いのか分からないくて・・・」
た「夜にしよう」

ゆ「あと、薬を抜いたせいか、頭が重くて、例えばPCのカードゲームをしていても直ぐに脳が上ずっちゃう感じがして、画面を注視出来なくなっちゃうんですよ」
た「薬じゃなくて、精神的な疲れからだね^^;」

そして、最後に「でも、バランス、バランスをとる事は気を付けてね!」

と、“さすが、長い付き合い”と言える?お言葉を頂戴して診察室を後にしました[end]


ここで補足?ですが・・・。
“何だかんだ”の中に、先生に言わなかった事があります。
プライベートな事ですが。
去年、記事を読んでくださっていた方はご記憶にあると思いますが、“ひろゆき君”の事です。
“付き合えない”答えを出した私ですが、食い下がられまして、どうもヒートアップしてきてしまったので、キレてしまい“二度と連絡はしない”って約束をしたんです。
もちろん私は、携帯からメモリーを削除しました。

なのに・・・4月の半ば、連絡をしてきて。
“恋愛感情は消えた。もう、そうなることはない。でも俺は友達がいないからたまに話を聞いて”と言われて、甘くみてしまいました。

蓋を開けたらとんでもない・・・
それが分かった時 ♪君は どうにも変わらない 悲しいけれど♪ って、佐野元春さんのガラスのジェネレーションの歌詞が浮かびました。

オーバーに言えば、“ストーカー”と位置づけられる人が存在するって事に納得しました。

あれだけキレたのに、もうどうすれば分かってくれるんだろう???

好きでいるのは自由ですよね。でも、その感情を相手にぶつけるだけが“好き”のスタイルになっちゃっているんですよね[バッド(下向き矢印)]それじゃ、子供だろぉ~。

敢えて心の中にしまっておいて友達関係で・・・というのなら元職の同期生ですし、話をするくらいならいいと思います。
今の職場の環境では友達を作れなかったり、工夫をして新しい友達を作れない性格も知っていますし。

だけど・・・またキレなくてはならないのだろうか???
疲れる・・・今の私にはそのパワーがないよ[バッド(下向き矢印)]


と、まぁ、自業自得な面も含めて、今、心にゆとりが全くありません・・・ホント、疲れました[もうやだ~(悲しい顔)]

今月はゆっち初プロデュースになる仕事があるので、休むわけにはいかないのですが、それが終わったら舞浜に避難しようと思います。
胃潰瘍が治るまではバーで[バー][ビール]ガン呑みというわけにはいきませんが、生活の音から離れて休むだけでもいいので。

たかちゃん先生の「もう、大丈夫」の言葉を聞いて、飛び上がる位嬉しいはずなのに、ね。
でも、ふっと、その言葉を思い出して、「ここまでこられたんだあ~[ぴかぴか(新しい)]」って、うるっとする時はあります。
徐々にその喜びも入って来るのでしょう。


そんな訳で、ブログにもちょっと無理をしないと楽しい話が書けませんし、何よりすごく楽しいここに“書く”って事が(体的に)しんどくなってしまっています。

この記事も、何度も休んで書いています。

しばらく更新は今までよりも気紛れになってしまうかと思いますし、皆様の所に伺えても“ナイス押し”だけになってしまうかと思います。

皆様に大きな励ましを頂いてここまでやって来られたのに不義理なことと申し訳なく感じます。

早く下向きでない記事が書けるように元気になりたいと思いますので、どうぞご容赦下さいますようお願い致しますm(__)m





nice!(30)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MAYBE TOMORROW [病気]

今日は、懐かしいレベッカのこの曲で・・・



前回の会合の時、何のきっかけかは忘れましたが、たっくんに「ゆっちさん、頑張ってきたから(欲しかった)オープン(プジョーのこと)買えたんですよね」と言われました。

たっくんには去年再会してから病気の名前を伝えたものの、どんな感じでとか詳しい事は何も話していなかったのですが、“3年間車を買えなかった事情=働く事が出来なくなったのに車を買うのは甘いと言われた”ことは、車の購入に際して何かと手伝って貰っている間にポロっと話したので、それが頭に残っていたのでしょうか・・・。

その時は「みんな頑張っていますから。それに買えたのは中古ですよ[わーい(嬉しい顔)]」と、何となく笑って流しました。


そして。
一人になった時。
(頑張ってきたからかぁ~)と、振り返ってみたら、何も浮かんでこないんです[どんっ(衝撃)]


ちょっと、ここで整理しますと・・・
鬱になってからは今年で15年ほどになります。
鬱としては長い方かもしれません。病気の重軽の別はよく分かりませんが、たかちゃん先生の指示をちゃんと守らなかった事が大きな原因だったと思います。

でも、年が変わったからもう4年前になるのですが、その年のお正月に・・・
[ひらめき]私このままじゃ治らない。ダメだ、自分と向き合わなくっちゃ!)と天啓?が降りて来まして、やっと本来の“治療”に入れた感じです。

それから・・・

たかちゃん先生の言葉を自分に都合の良い様にではなくきちんと受け入れて、修正・緩和・削除・・・試みることにしました。

今とは違って、1日に行動する量にも制限がありました。夫婦喧嘩中の両親とは一緒にご飯を食べるなとか、心臓の位置を少しでも高く保つように余程しんどい時以外は横にならない(体力がなくなるから)とか、「えっ?!」って思う様な細かい事も指示されていました。

それから、当時、先生に言われたのが「体に出ている症状の方を気にしがちだけど、それは二次的な問題で、内面の考え方から変えないといけない」という言葉でした。
でも、生活をしていると、気になるのは体に出ている事なんですよねぇ~[たらーっ(汗)]

だけど・・・何度も怒られたりしながら、少~しずつだけど心持が変わっていくと、体に出る症状も軽くなっていくものなのですね。

何とかここまで良くなりました。


話を戻しますが、なのに・・・当時の日常の事が浮かんでこないんです[バッド(下向き矢印)]
楽しかった事は?好きだった物は?何にハマってた?どんな事してた?
み~んなクエスチョンです[あせあせ(飛び散る汗)]

あの人と舞浜に行ってイクスピアリで[ブティック]買い物したり、バーで[ビール][バー]呑んだくれて・・・
私の具合が悪くなった時、炊きたてご飯でおにぎりを作ってきてくれた・・・
アパートに遊びに行くと「明日の昼にでも食べぇ」と、お土産のお好み焼きを作ってくれた・・・
10か月で亡くなってしまった、猫のみゃー助がいた・・・

でも、それは別の引き出しにしまってあるみたいで、日常生活とはリンクしていない。

ちょっと考えてみたら、日常生活が無味乾燥だったみたい。


とにかく、何も なかった。

遊びも仕事も、次の日の約束は出来なかった。実行できなかった時の自己嫌悪が分かっているから。
朝、目が覚めた時にしか、その日の体調は分からないから、翌日、目が覚めるのが怖いと思った。

だから、“どうしても”っていう前日にはめちゃめちゃ緊張した[あせあせ(飛び散る汗)]病院に行くのも同じ。たかちゃん先生に診てもらえないのも不安だけど、薬が無くなる事が怖かったから、(絶対に行かなきゃ!)って思って。

季節の移ろいを愛でるゆとりもなかった。
ひろちゃんとママりんが植えている[かわいい]花をぼんやり眺めることで春や秋を意識して佇んでいたり。

部屋の下の車庫から聞こえてくる車のエンジン音で、皆が働いているのが分かるかって、情けなくて・悔しくて布団の中で泣いていた。

家族が、固唾を飲むように私のことをちょっと遠巻きから眺めているのを感じて、(いつでも笑っていなければ)と思った。

と、同時に(こんな自分はこの家には必要ない。お兄ちゃんと出来たお嫁さんのひろちゃんがいれば十分で、出戻りの私なんてただの恥)だと考えていた。

1週間7日のうち、5日間寝込んでしまう事も珍しくはなくて、そして、そんな週は冬眠でもしていたみたいに世俗の事は全く分からないし、知りたいとも思わない。

オヤジに「(私が譲り受ける事になっている、実家の土地)この土地をどうするんだ?」って聞かれると、勘弁してくれ[もうやだ~(悲しい顔)]って思った。

ちょっと違うかも知れないけど、人に自分を分かってもらうことばかり考えていた。


そんなこんなの年が3年続いた。

なのに、ポッカリと空いた3年間。

何だったんだろう???

何にもしていないのに、何に頑張ったって言えるんだろう?

・・・・・[時計]・・・・・[ひらめき]

生きていたんだ。

ただ、その日を生きていたんだ。

当時、書いていたけど、前日に[メモ]メモしておいた、その日の予定をこなす時、「1ST ステージ行きま~す」と数えていって「さぁ、ラストステージです、頑張りましょう!」とぶつぶつと言いながらやっていた[あせあせ(飛び散る汗)]

きっと、心の中には“MAYBE TOMORROW”が流れていたんだろうなぁ~。

記憶はポッカリと空いているけど、中身は一番詰まっている3年間だったんだろうね。

気が付いたら、“今”なんだけど・・・(^^ゞ

病院[病院]とは離れていないけど、今は幸せだぁ~[グッド(上向き矢印)]
念願の[車(セダン)]が手に入った[ぴかぴか(新しい)]・働ける時間も増えた・私の存在って、家族に必要だよねぇ~って思える・やりたい事が山ほど浮かぶ・・・

そうなんだから、イジケないで行かなくっちゃ、もったいないよ。

どんな事でも・・・今の私も“MAYBE TOMORROW”だ。


nice!(23)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イエローカード [病気]

一昨日(4月1日)は[病院]病院の診察日でした。

いつもより混んでおり、2時間待ちは覚悟だなぁ~[たらーっ(汗)]
人が密集していない個所を探してママりんと座りました。

ママりんとは、仕事をしている場所が違うし、以前の様に頻繁にご飯を食べに行く事もないので、こんな時にしかゆっくり話せません。

で、今回の話のメインは“仕事”でした。
財務大臣ママりんから経営状態を聞き、それに対して、今後の方針など私の考えている事を話して・・・次に“効率を良くする”為の問題点と工夫の仕方を話してみました。
普段なら、上手く伝わらずに声を荒げてしまうものなのですが、今回は、め~ずらしくお互い穏やかに建設的な話が出来ました[あせあせ(飛び散る汗)]


そして、話が一区切りしたあたりで、診察室に呼ばれました。(本当に2時間待ちでした[ふらふら]

たかちゃん先生の決まり文句?の「さて、どうでしたか?」で始まりました。

「ん~そうですねぇ・・・」と私も決まり文句から入りまして・・・この怒涛の3月の事を話しました。

すると・・・

た「えぇ~~~。で、現場?[あせあせ(飛び散る汗)]」→驚きの口調と、ちょっと困った顔^^;

すかさず、前記事に書いた“毎日フルタイムでは出来なくて、リミッターが働いたり、時間の調整をしたって事を話しました。

「うんうん・・・」 と言いながらカルテに書き込み・・・顔を上げた時には
「すごく頑張っちゃったね。・・・でも、それはダメだなぁ[バッド(下向き矢印)]
えぇ~ダメですかっ[exclamation&question]
ゆ「実際、キツかったですけど、でも、今回は私がやるしかなくて。現場の事以外でも、私しか携わっていない内容の依頼があったりして・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
た「うんうん。でも、それだけやったら、大分体力が付いただろうね(^-^)」
ゆ「・・・だと思います。、まだ実感はないですが[あせあせ(飛び散る汗)]
しかし、ここまでやっても、ちっとも体力が付いてくれないようでは困ります[ふらふら]

た「だけど、ちょっと頑張り過ぎたね。無理だなぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]そんなに(気合だけでは)続く事ではないからね。しばらく休んで」
ゆ「はぁ。ちょうど、現場も落ち着きましたし、休もうと思っています(^_^;)」
た「そうだね。これ以上はやらないで」

その断固たる言い方に、たかちゃん先生の白衣のポケットからイエローカードが見えました[バッド(下向き矢印)]

それから・・・。
この3週間の間で。極度の疲れからと、普段とは違った事をした興奮とで、脳が覚醒されてしまって3時4時まで寝付けない日が何日かあったことを話しました。
た「うん、そうなるよね。それも良い事じゃないからね」

何を言っても撃沈[もうやだ~(悲しい顔)]と、思っていましたが・・・

ゆ「でも、1年以上振りの現場仕事で、道具の使い方が下手になっていたり、部品の名前を忘れていたいり、落ちたなぁ~と思ったのですが、やっているうちに少し戻ってきて、手を付けた仕事を考えながらまとめた時のちょっとした達成感が嬉しかったりしました」
た「そう、それは大切な事で、良かったね(^。^) ところで、食事は取れてる?」
ゆ「(げげっ!)え~と、まぁ、変わらず食べています。お米メインで」→若干の誇張[たらーっ(汗)]

でも・・・やっぱり”限界”になっちゃっていたんですねぇ~[ふらふら]

何度か頭には浮かんでいたのですけど・・・

で、その“限界”をリアルに感じたのは・・・
その日の木曜の夜。過食症が出て、吐いてしまいました[ふらふら]
手がマシンの様に、お菓子やら何やらを口に運んでいました。
だけど、今までの様な(あぁ~過食だよ。どうしよう[がく~(落胆した顔)])という、怯えに似た感情は湧いて来ませんでした。
(だよねぇ~~~^^;)って思ったくらいで。


先生の望む“治療方針”と”実生活”がしっかり噛み合って、たんたんと前に進めるケースってないと言っても過言ではないのでは?と思うのです。

今回の私の件も、致し方ない状況の下でのことでして、私がリスクを考えなかったなんてことはありません。正直、結果的に、”悪化”“後退”が避けられないのではないかとビビっていました。

だけど、そんなリスクを払いのけてしまうくらいの気骨がなければ・受け入れる覚悟でなければ実生活(=2代目)なんて勤まらなくなってしまう。

一番イヤな事は、乗りかった船を降りる事。

今で言えば、両親を失望させる事。そしてM君の生活もね。

どんな事でも、辛いとか無理とかは本人しか分かり得ない。病気になって、しみじみ分かった事。

だから。権威である先生の言葉を優先にして、あとは自分で調整しながらやって行くしかない。

そこで浮かんだのが・・・“仕事をしないと食べていけないから、無理してでも仕事をする”という言葉。確かにその通りだと思います。収入を得なければ食べられませんものね。
でも、今の私は“体がなくちゃ仕事も出来ない”って事の方が頭の中を占めています。
改善策とか・企画とか、色々浮かんでも、全う出来るだけの体がないので、お客様に迷惑をお掛けする事を考えたら実行に移せない。
歯がゆい。悔しい。
「待ってろよぉ~。遠くない未来には実行してやるぞっ!」と、遠吠えしている状態です[バッド(下向き矢印)]

あれこれ散文的な内容はいつもの事ですが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

要するに。
長いスパンで考えて・・・限界を振り切っちゃいかん。

この週末はたらりんちょです。

やっと[眠い(睡眠)]寝込める・[ビール]呑める・・・幸せだぁ~[るんるん]



nice!(22)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと強く。 [病気]

今週は寒いですね[バッド(下向き矢印)]昨日と今日は[雪]混じりの[雨]雨が降って、部屋もヒーターとエアコンのダブル暖房でした[たらーっ(汗)]

そして、わたくし、参りました[end]

今回はママリンのお言葉です。

親の悪口を書く様なもので、恥ずかしいですが、実は度々ある事でして[あせあせ(飛び散る汗)]

うちのママリン、人の悪口を言わない・言われた事を悪く取らない・明るく善良な人でございます。

しかし・・・残念ならがら論点に沿った?系統立った“話し合い”とか“議論”とかが出来ないのです(>_<)
自分の意見を持っていると、それに執着してしまい、相手の言い分や違った正論を受け付けません。
そして、真面目な時でも、言葉が頭に浮かんだ[ひらめき]→考えて組み立てる→口に出す。という一連の行為が出来ないのです。
そして更に“ヒステリー性質”なので、余計にぐちゃぐちゃになちゃうんです[ふらふら]


で、今回の事は・・・

先週の終りに[病院]病院に行ったのですが、食事をして買い物をしていたら、帰宅が遅くなって、オヤジが[ちっ(怒った顔)]怒ってしまいました。
当日は、一緒に食事はせず、二日後の日曜日に一緒に食事をしました。
後片付けをしながら、何となく私が「お父さんに怒られちゃった(^^ゞ」って話を向けたら、「そうそう、凄く不機嫌だった。いや~ねぇ。全く、妻はずっと家にいるのが当たり前なんだよねぇ~そんな訳いかないから」ってやり返しモードだったので、私もいつもの様に「私だって、月に一度くらい買い物したり息抜きしたいわ」と言いました。


すると・・・突然スイッチが[on]入ってしまいまして・・・

マ「ちょっと、お母さんは時給は発生していないからゆっくりしててもいいけど、あんたはダメよ。時給発生してるんだから」

およおよ・・・突如流れが変わったよ(@_@;)

ゆ「まぁ~そうだけど、月1だしさ・・・給料も去年から、お父さんが元に戻してもいいって言ってる位には出来様になってるんだよ」
マ「何言ってんの?どんだけ高い時給だと思ってんのよ!?」
ゆ「戻してって言ってんじゃないよ。働きが少なくても貰っていたんだから。(でも、今の私の時給って計算してないよね?^^;)」
マ「当たり前でしょ。だいたい、あんた、息抜きっていうけど、3・4ケ月に一回は舞浜に行ってるじゃない?それで十分だよ」
ゆ「え・・・それだけで、私の息抜きは十分なんだ・・・」

マ「M君の事だって。M君がいないと潰れちゃうよ。M君が頑張ってくれているから、やっていられるんだよ。大切にしないといけないのに」
(そもそも、M君に今までよりも厳しくしてる事を面白くないと、ずーっと思っている)
ゆ「大切にしてない訳じゃないよ。仕事上必要な事を求めているだけで」
マ「そんなの、フルタイム働けないあなたに言われてM君がイヤだって思う気持ち分かるよ」
ゆ「でも私もプラプラ遊んでいていフルタイム働けない訳じゃないし、仕事は仕事で、立場は立場なんだから仕方ないでしょ?M君だって事情は知っているんだし・・・(どうして、それだけが理由だって決めているんだろう???)」
マ「でも、面白くないよ」
ゆ「(もぉ~耳にタコができる)大人なんだからさ・・・」

そこで、今回のトドメの一言

[むかっ(怒り)]あんた、自分にあまいんじゃないの[exclamation&amp;question]


はぁ~~~???

そうなっちゃうんですか??? なっちゃうんですよねぇ~~~[バッド(下向き矢印)]

で、私もキレまして、覚えてもない暴言を吐き、どすどすと[家]を出て部屋に帰りました。


でも・・・

涙ぽろり。

悔しい・悲しい・ガッカリ・・・

そんな風にしか、お母さんの目には私は映っていないの?

傍から見たら、お気楽極楽な生活をしていると思われるのは、そうだろうなぁ~って納得しちゃう。

でも、私の場合、見てくれているのは家族特に親しかいないから、せめてその親には私の精一杯の生活を分かって欲しかった。

だけど、どんなに頑張っていても“フルタイム働ける”域まで達さないと、意味はないんだね。そこを目指してうんしょうんしょとカタツムリ並みだけど、進んでいる部分には光を当ててもらえないんだね。


でもね、誰でもそうだけど・・・好きで病気になったんじゃないんだよ。自分の不注意だから仕方ないでしょ?って責められる事でもない。
これが某国だったら、その人は告訴されてるよ。
でも、その頃は告訴する気力もなかったし、我慢することにして治療に入った。

そして、まぁ~何とかここまで来た。


そして話を戻すと、実は薬も1種類減って喜んでいた矢先だった。
やっと薬が減った事を一緒に喜んでくれるかなぁ~って考えたりしてた・・・まさか“甘い”と言われるとは思ってもいなかった。


月曜から寝込みました。
気持ちも体もギリギリのところで頑張っていたから、両方の糸がプツンっと切れたみたいです。
そして、過食も出て・お腹の膨張が酷いです。

仕事は最低限の事をして、あとは2日間[本]を読んでいますが、今日は読みながらも、こんこんと寝てしまっていました。

でも、今までだったら、言われた言葉にこだわって、悶々と咀嚼して負のスパイラルに落ちて行ったところでしょうが、今回は、心の方は傷付いても「また勢いで言ったんだよね?お母さんだから仕方ないよね」って諦めの気持ちになれました。

ただ、体の方はメンテナンス中の様です。
上手く言えないけど、食べること・寝ること・好きな事をすること、でストレスを消化させようとしているって感じるのです。


まとめますと、この3日間で、今までの自分とは違ってきた所、ボロボロ泣いたり・どうしよう!って慌てることもなく、”体ちゃん、お疲れ、頑張って軌道に戻してね”っていつか上がって来る事を信じられる様になっている。

まだまだモロイみたいですが、ちょっと強くなった自分を感じました。


ちなみに、私の時給。計算してみたんだけど。
今の段階では・・・いい感じに安いです^^;





nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

好スタート [病気]

今年初の診察がありました。

先生の捌き方が良かったのか、予言していられたほど混んでおらず、いつもより早く診察室に入れました[グッド(上向き矢印)]

そして、前記事にも書きましたが、12月のウィークデーは寝込むことなく、何とか仕事や用足しやらと地道に活動できた事を話しました。

たかちゃん先生も「[目]おぉ~それはスゴイねぇ!」驚いていました[手(チョキ)]

それから、“仕事で厭な事・落ち込んじゃう事があったものの、オヤジのお陰もあり、ぐじぐじとマイナスに陥ることなく今、自分が出来る事をしているしかない。先の事は起こってから考えよう。一つ先の事を考えておいて、他の事も起こるかも?って覚悟をしていればいいだなってところで終わりになりました”

という事を言ったら、くるっと振り向いて
「それ、とても大切。うん、それが出来るって大きいよ。そのままで行ってね」
と、結構な真顔で言われました。→ちょっとプレシャー

それから、食事の事や正月休みの過ごし方の話になり、私の「夜更かしを楽しんでいます(^。^)」の言葉に・・・「ん?[右斜め下]
[どんっ(衝撃)]「いや、そろそろ修正しようと思います[あせあせ(飛び散る汗)]

いつもドキドキが付きものの診察ですが、この日は・・・


た「うん。良くなったね、(自分一人で考えても埒が明かない事に)思考を切れる様になったのが、一番大きい。
・・・・・で、今年は薬を減らして行こうと思いますのでね、頑張りましょうね[わーい(嬉しい顔)]


ほ・ほ・ほんとですかぁ~~~[exclamation×2]
これも待っていた状態で、遠くに感じていた事です。
一般的に、鬱の症状が出なくなっても投薬は3カ月から半年は行われるとは知っていましたので、私はまだその段階まで行けていないんだ・・・って考えが浮かぶ時もありましてね。

だから、スゴク嬉しい~~~[ぴかぴか(新しい)]

まだ、泳げないから海に入ってはいけませんよ、ってビーチパラソルの下で座っているしかなかったのが、パラソルから出て浅瀬からならいいよって言われる日が近くなっている感じです(#^.^#)

もちろん、意気揚々と診察室を後にしたのは言うまでもありません[るんるん]

今年は「いよいよ[exclamation&amp;question]」って期待したくなるような好スタートを切れたみたいです[わーい(嬉しい顔)]


・・・・・でもね。
ちょっと残念だなぁって感じる事があるのです。

たっくんと会っている時です。
たっくんの職場の話とかで、けらけら笑っている時にね、ふっと・・・

あ、この笑顔、あの人にも見て欲しかったな・見せてあげたかったな・・・って浮かぶんですよ。

同じ様に笑っているのですが、きっとあの頃の笑顔と今の笑顔は違う。
相手がたっくんだから違うんじゃないです。

私の病気が良くなったよって証拠?
あの人が見たら一瞬で違いが分かります。

ずっと私の病気に振り回されて・我慢して・一番助けてもらった人に、今の一番の笑顔を見てもらえたら言葉はいらないのに。

どうも、ドラマの様にうまくは運ばないもので・・・

ブログを通して伝えられたないいなぁ[かわいい]



nice!(25)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お米を食べよう。 [病気]

今日は診察日でした。本当は9月にもあったはずなのですが、たかちゃん先生が出張のため、先送りにして2カ月後の今日になったのです。

待合室には、きっと私の様に先送りになった人が多かったのでしょうか、えらい混んでいまして待合室に座ってから2時間近く待ちました[バッド(下向き矢印)]

やっと呼ばれて・・・
せ「どうでしたか?二か月開きましたけど?」
いつもながら、この最初の問いかけにはすんなり言葉が出ません[あせあせ(飛び散る汗)]しかも、2カ月分となると・・・

でも、出来るだけまとめて、ここで買いいた事・・・
体調の落差が激しいこと。一週間だったけど、朝から夕方まで働けた日があったこと、分からないけど疲れが溜まって胃が爆発するようになったのでお酒を控えて・夜更かしも先生の言う時間に寝るようにしていたこと・・・を話しました。

それから、“8月の終わり頃、調子が落ちた時に(このまま鬱の表情が出てしまうんじゃないか?[がく~(落胆した顔)])と、怖くなった時がありましたが、前だったら出張の前後の週に組み込まれていたのに、2カ月開いたってことは、先生は今の私なら自分でリセット・調整が出来るようになっているって判断したんじゃないか?)と考えられて、落ち着けました”と話したら、大きく頷いてくれました[グッド(上向き矢印)]


せ「そうだねぇ、Iさんは、まだ体調の落差は大きいけど、いい時はすごくいいよね(^-^)それって、気持ち・考え方が出来てきているからだからなんだよ。だからそんなに心配しないで、いいよ。体は後から付いてくるものだし」・・・って[るんるん]

次に生活の面では(やはりここで書いている)仕事の事を話しました。
>前より漠然とした気持ちではなく、自分でビジョンを描いてみたり、「はて?」と思い当った所を調べて勉強してみたり。。。そのせいか?シャカリキになって空回りしている感じも少なくなってきたし、M君に対しても笑い流せるようになったし、気持ちの方はずいぶん楽になりました[グッド(上向き矢印)]
それと、父が来年の誕生日に一区切りつけたいと言うので、その時には私が体力を付けて隠居させてあげるからって言っちゃったんです^^; でも、もし満足に達成できなかったとしても、今の私なら自己嫌悪に落ちて行かないで仕切り直しが出来るんじゃないかな?って思うんです。<と。

それを聞いたたかちゃん先生は笑顔で
「そうだね。今までは目標がないまま歩いていたけど、目標が出来るとそこに向かおうとする気持ちが力を生んでくれるからね。目標を立てられるだけでも、いいしね。本当に大きく変わったね[ハートたち(複数ハート)]
と言ってくれました。

いぇい[手(チョキ)]

と、浮かれたものの・・・次の瞬間・・・「痩せたね?」
キラリとオメメ[目]が光っちゃいました[どんっ(衝撃)]
「はい・・・。最低値更新しました[たらーっ(汗)]
せ「あぁ~~~[バッド(下向き矢印)]

せ「ご飯、食べてる?」
ゆ「暑い時期よりは食べてますけど・・・ねぇ?」
ママりんに助けを求めました[あせあせ(飛び散る汗)]なのに曖昧な顔[バッド(下向き矢印)]

せ「お酒、控えているんだよね?」
ゆ「はい」
せ「じゃ、尚更ご飯食べなくちゃ。ね、エネルギーがないじゃない?それじゃ動けないから。おかずじゃダメ。コメ、米粒たべないと~日本人なんだから~」
(この時だけは先生が柴犬に見えました[あせあせ(飛び散る汗)]

と、最後は落とされて診察は終わりましたが、概ね良好なお話で“体調の落差は気にしないで”と、思いながら生活出来るかなぁ~~~(*^。^*)


で、早速。帰りには中華でがっつりランチを食べてきました[るんるん]
もちろん?夜も米粒を食べました[手(グー)]

nice!(18)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こつこつね [病気]

連休明け初日は・・・ヘタれました。いつもの様に抗う気持ちさえ起きないほどに・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ヘタれちゃった時の常で、唸りながらガツンと寝たあと・・・

5連休の後だよ?5日も休んでいたんだよ?なのにどーして仕事に出られないのよ?

出掛けたわけでもなく、[ビール]だってバカ飲みしたわけでもないのに・・・何でダメなのよ?

連休前にM君に約束した仕事を残さないで、って偉そうに言っちゃって・・・立場ないじゃないの?

私ってダメだぁ~、連休だからってちょっと緩み過ぎたんじゃないの?でも、そんなささやかな楽しみもダメなの?
もぉ~私には出来ないよ。こんなんじゃ無理。やめちまえ、やめちゃえば少しは楽になれるよ。

久し振りにネガモード一直線[ふらふら]
ちょっと涙なんか流しちゃったりする[バッド(下向き矢印)]


そうして、夕方になりました。ジョンの散歩はママりんに頼んで、ごろごろしていました。
タオルケットに包まりながら、いつもの流れで、つらつらと考えてみるに・・・

今回の敗因?は、やっぱり[ビール]と長風呂だったのだなぁと。
疲れが取れていないし、胃の調子も良くないって感じていながら「せっかくの連休!」と押し通した所に甘さと弱さがありました[たらーっ(汗)]
今回で連休がなくなるわけでもないのにねぇ~[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、やっちゃった事は仕方ない。

次、行ってみよぉ~~~!

先日、オヤジが「(来年の誕生日がきて)70歳だから、一区切りつけたいなぁ」と言うので「うん、それまでには私の体力もついてんじゃないの?」って、お気楽口調で答えたら(えっ?)って顔して見られちゃいましたが、とりあえずはそこを目標にしようと思います。

ちなみに誕生日は4月です。

その時まで、体力だけでいい、欲張らないで体力を付けること一つに絞ろうと思います。
体に力がないと、心にも力が付かない。(前にも書きましたね^^;)
体に力が残っていれば、ある程度の精神面のダメージを支える事が出来る。
体に力があれば、こなせる仕事量も増えて、頭も回る様になってくる。
だから、体力。

それには・・・

胃のために連休前に始めた“平日禁酒”に加えて週末も[家][ビール]を飲むくらいで我慢すること。
長風呂はしない。
週末の夜更かしにも線を引いて、“休む”を優先する。

まずはこれで始めてみます。

でも、たまに限界を感じたら、どれか一つくらいは許す日も作ります。

たかちゃん先生が以前「あなたがなりたいと思っている様には、私も含めて普通の人はストイックには生きられないよ。例えばイチロー選手の様な特別な人だけだよ」と言っていました。
そうなんだろうと実感していますし、かなりストイック願望はなくなってきました。

でも、今回は体が出来るまでは・・・出来るだけ目標の日までに・・・挑戦してみます。

それと、もし、目標を達成出来なかったとしても自分を責めないようにします。
その日まで頑張った事を褒めてあげて、また工夫して続けていけばいいんですよね。

失敗は成功のもと。
転んだら起きましょう。
泣いたら笑いましょう。

負けないよ。



nice!(27)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よっしゃ。 [病気]

今日は[病院]病院でした。相変わらず混んでいまして、1時間以上待ちました[バッド(下向き矢印)]

でもぉ~~~今月は話せる事があるよん[ー(長音記号1)]

お腹が空いてゴロゴロ言い始めた頃に診察室に入れました。


先生に、“攻めていこう!”の記事で書いた事を話して、それから昨日までの生活を話しました。
補足?で、“同じ病気だからと言って、人と比べるのは危険”“出来なかったら、そこから工夫しようと思った”など、突っ込まれそうな(先生は敵じゃないって^^;)ところも話しました。

カルテに書き込んでいた顔を上げた時の先生の表情は考え顔で、(あれ?ダメだった?[あせあせ(飛び散る汗)])と緊張しましたが・・・


「ん~。今までね、頑張ってきたよね。状態が悪くならない事を考えて行動したり、状態が悪くなった時の心持ちとか。それが出来て、ベースとなり自信がついてきたから、今回は自分でも先に行ってみようという気持になれたんだと思うんだよね。それと、“仕事”っていう明確な目標が持てたことも大きいと思う。ん~そうだね。今回はとても良いね、前に進んだね[わーい(嬉しい顔)]

よっしゃぁ~[るんるん]

先月はコテンパに言われてしまっただけに、嬉しかったです[グッド(上向き矢印)]

あとは、滅多に人を褒めないオヤジが、「頑張ってるな」って言ってくれた事・ママりんも後ろで待機してくれている事・遊びたがる将軍様や若君を、ひろちゃんが嗜めてくれている事・・・そんな、家族の協力を有り難く思っていることも話しました。


最後に、梅雨も明けて暑さも厳しくなるけど、ちゃんと食べてる?と聞かれて、つい体重が減ってしまっていることを話してしまいました[あせあせ(飛び散る汗)](“しまいました”ってのも、変ですけどね^^;)
すると、先生。数字を聞いて「え~[バッド(下向き矢印)]」と、苦い顔[ふらふら]そりゃそうだ・・・人生最低MAXになってしまっているのだから[たらーっ(汗)]
でも、食欲はあって、食べる量も多くなっているんですよ。きっと、体が出来ていないから奪われちゃうのですね。だって、元々は食べたら食べた分だけ太る体質で、ダイエットに明け暮れた20代でしたから。

で、食べている事を聞いて先生も一応は納得してくれてました。


それから病院を出た時にはお腹がペコペコ[たらーっ(汗)]

遅いランチを食べて、予想外にママりんが買い物をしたがったのでデパートへ行ったのですが、帰宅した時には疲れてしまって、寝てしまいました。

何とか気合いを入れて、ジョンの散歩に行きましたが、雨上がりの微妙に涼しい風を受けていて(この夏も、一緒に乗り切ろうね)と思いました。




nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

攻めてみよう! [病気]

先週の事ですが、とある方のブログにお邪魔しました。その方は、やはり鬱を患っており、休職を挟みながらも好きな仕事に励んでいらっしゃいます。

体調が悪くても、お仕事の中から客観的な目線で問題点や向上した事、そして楽しみを見出していること・・・

すごいなぁ。本当に好きなお仕事に就かれているんだなぁ。プロの仕事をしていらっしゃるなぁ。

そんな事を考えながら、教えて頂きながら読ませて頂いていました。


で、先週。更新された記事を読みました・・・
この数ヶ月間の、お仕事を続けるため体の調子を最大限に考えた生活の工夫が主に書いてありました。

読み終わって、頭を“ぼかん”と叩かれた気持ちになりました。

頑張っていると思っていたし、実際、頑張っているけど、何かその域を超えた大きなものを感じました。
好きな言葉で簡単に言えば“ストイック”
言を多くすれば”日々に真摯で、賭けている”でしょうか。


(お前、甘くないか?・・・いや、絶対に甘い)


理詰めの私が理屈ではない感覚の部分で、そんな言葉が頭の中に横断幕で掲げられました。


数秒後・・・私も攻めよう!!!

次の日・先週の月曜日から実行です。(寝る時間を早くするのは、ちょっと上手くいかなかったかな?^^;)
本来、目ざまし時計は必要ないという特技をもっていますが、この際は通用しないと分かっていたので、携帯でアラーム設定をしました。

曲は・・・“青春アミーゴ”です(^^ゞ ちなみに、着歌ではなくて着メロです。(着歌は、恥ずかしい^^;)
聞いた事のある人は、イメージが湧くと思いますが、あの・・・デーンデンデンデーーーン・・・という、低音で緊迫感のあるイントロ、「うわっ!」と驚いてすかさず意識は現実に戻れます(^。^)


そして、先週は、月・水・金の3日は朝イチから仕事が出来ました。火・木は、さすがに連日は無理とばかりに午後出勤になりましたが。

ちょうど、時期的にやる事が沢山あったし、久し振りに外の仕事をしたりと、思っていたより時間の流れが早く、充実感のあった一週間でした。


しかし。問題は週末です。
金曜の夜は、「呑むぞぉ~」と意気込みは良かったのですが、緊張が緩んだせいかお腹が膨張してしまい、入らない(T_T) それでも、(今日は夜更かし出来るもん)と、ちびちび飲んでいましたが、何と・・・過食も出てきてしまいました。
土曜日に起きて、確認したところ(ありゃぁ~こんなに食べたんだ(/_;)) たった一週間の事でも、ストレスって溜まるんだ・・・でも、気分も悪くならなかったし、これはしょうがないよね。

それから土日の二日間は、ジョンの散歩を簡単にする以外は、外界をシャットアウト。普通に言えば、寝込んでいました(>_<) 
寝ていても、時たま“血の気が引くような”感覚がありまして、これまた”たった一週間でこんなに疲れるのかい?”と新たな発見と軽い凹み^^;

でも、今日の夕方あたりから、体も軽くなってきました。


明日からも、攻めて行きたいと思います。

とは言え、もしかしたら来週は続けられないかもしれない。寝込んじゃうかもしれない。たかちゃん先生に「無茶」と怒られてしまうかもしれない。
でも、リスクを承知で、攻める事にした自分は責めたく・後悔したくないです。

今回、やってみて失敗だった点(時期とか・詰め込み過ぎたとか)が分かればいいんだから。
一度出来た事は、絶対にまた出来る。
やってみなきゃその時の自分のレベルを知る事は出来ないもん。
私、バカだから“決めた”事に対しては、やってみないと成功であれ失敗であれ、納得できない部分があるから。


つい、守りに入りたがるこの頃。いつからそんな大人っぽくなったんだい?
つまんないなぁ~~~。
これから挑む事を考えたら、守りに入っちゃいかんよ!


さぁ~て。とりあえず明日も“青春アミーゴ”だ!!!





nice!(17)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気を取り直して・・・。 [病気]

今日は、診察日でした。何だか混んでいました[バッド(下向き矢印)]1時間半くらい待って、やっと診察室へ入れました。
「今月はどうでした?」お約束の開口一言に、今日は詰まってしまいました。(何にもいい事癒えないよぉ[たらーっ(汗)]
で、そんな時の私のお約束「ダメでした」の言葉に、たかちゃん先生が、ふっと私を見て眉毛をちょっと上げて促します。そこから、訥々と話していきます。

今回は、記事に書いてあった事が全部でした。それを“体力面”と“メンタル面”の二部構成?^^;にして話しました。ママりんが横にいても、ママりんに対して思った事も言いますし。両親の不和の風を一気に被るのは自分で、今回は体力もなくなっていて、正直言ってキツかった事も。


一通り聞いた先生は、珍しく「う~ん」と言って、口の開くのが遅かったです。
そして・・・体力面に関して・・・“6月は、付加を超えて無茶の域に達した”そうです[ふらふら]
ちょっと納得[あせあせ(飛び散る汗)]

言葉としては「今、この瞬間に賭けて全てを使うのではなくて、おし並べて自分の体の条件を良くしておく事がやることなんだよ」・・・資料を12時まで掛けて作ったのは、無茶もいいとこだそうです[たらーっ(汗)]
そして、資料を作った事に関しては、「周りの人の評価を得られなくても、自分の中の“達成感”としておいた方がいい」とも言われました。(分かるんだけどね・・・普通なら)

それでも、釈然としない私に・・・
「本当はね、出来た所を評価してから、出来なかった所に関して指摘するのが常道だよ。常道。でもね、私も自分にゆとりがないと、学生や研修医にピシっと冷たい言い方をしてしまう事があるのね。だから、自分もそうだけど、相手の心にゆとりがなければ、起こってしまう事なんだよね」

そうだよね・・・。でも、これって、ママりんにも伝えたかったのかも?

それから、今回の資料に関しての話になりました。
私の中では、ネット上で調べられる事柄だけでなく、それを運用する上で、(特に初めての事は)現場での戸惑いを最小限に抑えてトラブルにならない様に、想定できるケース、取引を進める上でのメリット・デメリットを考えうるだけ盛り込むのが[メモ]「資料」なのですね。
で、作れるのが今のところ私しかいないし、だから私の仕事なので、やりたい?やるべきだと思っている。そして作るなら、私がいない時でも私が答えられる事を全て盛り込んでおきたい・・・という考えで、地デジの頃からやっているのです。

そう説明したら、「また、完璧主義?」ってニュアンスな顔をされました(^^ゞ

分かっています[あせあせ(飛び散る汗)]でも、この「自分の納得」は譲れません。もっと体が出来てきて、明日も朝から事務所に行ける様になれば、一気にではなく、時間の区切りを付けながらやれると思うのですが・・・[バッド(下向き矢印)]

そんな気持ちをぽつぽつ話しているうちに“まとめ”の雰囲気になりました。

はぁ~。やっぱり今日は“諭しの日”いなったのねぇ~[がく~(落胆した顔)]と、思っていると・・・

「でもさ。時間帯は感心できないけど、逆に、そんな疲れている状態・時価帯でも、そんな資料を作れる様になったんだよね。そこって、戻ってきた(今までの私に)と思わない?」
という嬉しい言葉に
「はい。自分でも、頭を働かせることが負担にならなくなってきていますし、体が許せばもっとやりたいって思います」
先生「そうだよね。それは明らかに変わった事だし、大きく評価する事だと思うよ」
と、ナイスフォロー[るんるん]

ちょっと救われました[グッド(上向き矢印)]

そして「これから梅雨がきて、体調が崩れやすいんだから、きちんと自分の体のいい条件をキープ出来る様に、考えてやってね」と、キラリと目を光らせて言われた後・・・

「さぁ、気を取り直してやりましょう[グッド(上向き矢印)]
の言葉に見送られて診察室を出ました。

先生に話を聞いてもらえたし、1つ位は認めてもらえたし、もうこれでいいや!って思えました[ひらめき]

後は私の問題で、私が意識しないと変わらない事。

M君に対しても、ママりからあれこれ言われましたが、私は違う価値観を持っていて、その方向でやってみると話しました。極論、ママりんの言う通りにせず、M君が気を悪くして、いなくなってうちが潰れてしまうなら、それも仕方ないと思います。
オヤジも同じ考えだと思うのですが、看板・我が家の歴史でもある看板に危機が訪れた場合の理由が“従業員が・二代目が使えないから、心配で仕事を頼めない”というものであるのなら、奴は看板を下ろす方も選ぶでしょうから。


さて、そんな訳で。
6月の“体の無茶が心の無茶にもなっちゃった”を収めて、付加の域に戻りたいと思います[あせあせ(飛び散る汗)]


そして、気を取り直して、また・・・♪ 終わりなき 旅 ♪ に挑みます[手(グー)]






nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。