So-net無料ブログ作成
検索選択

MAINDGAMES [恋愛]

良かったら、この歌を聞いてみてから記事を読んでみて下さい。



「私がお金を貸せなくなっちゃったら、会合は開かれないの?」

とうとう言ってしまいました。


木曜の夜。いつもの様にPCのカードゲームを漫然とやりながら過ごしていましたが、心の中がモヤモヤしてきて納まりません[バッド(下向き矢印)]
友達に[mail to]してみようかな・・・ダメだよ、これ以上は迷惑だよ。
N先輩に聞いてみようかな・・・忙しいみたいだからなぁ~悪いよね。
それでも、このモヤモヤ、今まで何とか押し込めたり考えを変えてみたりしてみたけど、もう避けるのは苦しい・・・。
いい年して、そんな事は自分で処理しなさいっ!

なんて事を考えながら、暫く膝を抱えてポケらっと・・・。

ん!!!そう、もう駄目だと思ったら、自分で行動しなくっちゃ。悪い結果も早いうちに聞いておいた方がダメージは少ないよ。

えいっ[exclamation×2]勇気を出して、たっくんに[phone to]しました。
でも、出ない[バッド(下向き矢印)]疲れていたので、そのまま、いつもより早めに布団に入りました。

ところが、律儀にもAM1:00頃、掛けて来てくれました。

た「すみません、ボケっとしてたら、着信に気が付かなくって[あせあせ(飛び散る汗)]寝てましたよね[たらーっ(汗)]
ゆ「あぁ~寝てました(/_;)」
た「ですよね^^;・・・どうしました?」

ゆ「あの・・・私がお金を貸せなくなっちゃったら、会合は開かれないのかな?」
た「何でですか?」
ゆ「たっくん、会合を開こうって連絡をくれる時って、お金を貸して下さいって言う事がほとんどですよね。だから、会合はお金を借りる為なのかなぁ?って、このしばらく、その事が引っかかっていて、苦しくなっちゃったの」
た「そうなんですか・・・。自分の中では、持っているお金でギリギリまで、もうイカンって状態になるまで頑張って生活して、それでお願いする様にしているんです。ゆとりがあるうちに貸してって言ったら“軽く貸してって言えばはいはいって貸す様な女だと思うんじゃない[ちっ(怒った顔)]”って怒るんじゃないかなって思ったし、自分もそうしたくなくて。でも、振り返ったら、本当にそうなっちゃっているかも(>_<)・・・俺としては(私の)貴重な休みの日に、俺の都合で出掛けてきてもらうんだしって思って。でも、その為に会合を開くって気持ちはないですよ。ゆっち(書きやすいので、以下”ゆっち”)さんは、俺のダメダメ話をいつも笑い飛ばしてくれますよね?」
ゆ「すみません[あせあせ(飛び散る汗)]笑い事じゃないんですけど、言い方が面白くて、つい笑っちゃうんです^^:」
た「でも、俺にはそれが嬉しいんですよ。ヘタな同情されたり、深刻な雰囲気になるよりも、“またやっちまったか![わーい(嬉しい顔)]って笑い飛ばしてくれると、“そうでしょ、笑っちゃうレベルだよね”って楽になれるんです」
ゆ「だったら、良かったですけど(^^ゞ」

た「それに、ただお金を貸してもらうだけが目的の人だったら、俺は仕事に対する考え方やこだわり・これからの事・今の迷いとか、そんな部分まで話さないです」
ゆ「うん。その話以外でも一緒に話している時のたっくんは子供の頃の話・ご両親の話、色々楽しそうに話してくれますよね。それを考えると、もし、それが芝居だったらハリウッド級の役者だとも思います」
た「そこまで出来ない(^_^;)。でも、俺のそんな考え方で、ゆっちさんを悩ませてしまったんですね、すみません[ふらふら]
ゆ「うん。この頃は、すっとモヤモヤしていました。(たっくんは)連休はないし、一人時間も大切だろうしやる事もあるだろうに、会合を開いている3・4時間ってしんどくないかな?とか考えたり・・・」
た「すみません[あせあせ(飛び散る汗)]でも、俺は洗濯とか掃除とかしてから、自分の中の自由時間に誘ってますし、一緒にご飯を食べながらあれこれ話している時間は充実しているって思っています」

先週、急性腸炎になって病院行きになって、夜、帰って来た時に[phone to]を貰ったのですが・・・
ゆ「急性腸炎の時も・・・私、遠いのか近いのか分かんない」
た「遠い?近い?」
ゆ「どうしたらいいのか分からなくって。さすがに笑い飛ばしているだけじゃね・・・実際、何も出来る事はないんだけど(アパートの場所も知らないし、聞いても辿りつけない^^;)」
た「うん、食べられないし、病院の帰りに飲み物とか買っていきたじゃないですか。それに、来てもらっても、俺、トイレの前でポカリ持って座っているだけから・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

ゆ「お金を貸す事になったのも(私が)好きだから漬け込まれたって言う人もいます」→キツイね~^^;
た「そんなんじゃないですよ・・・」
ゆ「うん、分かります。でもいいんです、ある意味事実ですから。でね、お金を返してもらう事を考えたら、長い付き合いになると思うけど・・・出来ればね、復活して行く姿を近くで見ていたいって気持ちでいるんです。腐らないで生きて行くって・・・」
た「死のうとは思いましたけど(^◇^)」
ゆ「いやいや・・・今の姿勢の事です[あせあせ(飛び散る汗)]
た「そうですね。お金を返せなくなったら、最終的に死んでお返しするしかなくなっちゃいますけど(生命保険の受取人が私^^;)、そんな死に様を最後に見せて終わりたくはないです。生き様を見て欲しいです。それに、俺たちの“十年計画”があるじゃないですか」
※十年計画・・・二人で一旗揚げようという、計画と言うよりむしろ“夢物語”です^^;
ゆ「そうですね(本気か?!^^;)」
た「それに、お金を返したとは、恩返しをしなければ」
ゆ「恩返しはいりません[あせあせ(飛び散る汗)]
た「いえいえ・・・帝国ホテルでの会食(私の夢)ね、特別な時にではなくて”ちょっと帝国ホテルに食べに行こうか”ってノリで行きたいし、舞浜も帰りの心配しないで思いっ切り飲めるように、タクシーで行きますよ。それが、今一番近くの夢だから」
ゆ「いや・・・タクシーですか[わーい(嬉しい顔)](でも私は泊りますから^^;)」

た「でも、本当にすみません[たらーっ(汗)]そんな悩みを抱えてしまっていたんですね」
ゆ「ううん。本当は言わない方がいいんだって思っていたの。でも、いつも感情を押さえていて、最後に爆発してしまう自分が“いけないなぁ”ってしみじみ思うので、今回はその前に話そうと思ったの」
た「良かったです」
ゆ「ファミレスやマックなら、おごれる日はありますから。ぎりぎりじゃなくても、声掛けて下さい。じゃないと、私も声掛けられません」
た「はい(^-^)」


それから、たわいもない話をして「おやすみ[グッド(上向き矢印)]」って切りましたが・・・
想像していたよりも気分は晴れませんでした^^;
電話をして良かったとも悪かったとも感じませんでしたし・・・

ここまで状況証拠が揃うと、そう簡単には“完全に白”って判断出来ないもんだなぁ~。


あとね。今・・・暫く前から私イジケているんです[バッド(下向き矢印)]

去年、偶然ですが、全然被らない男性二人から同じ内容の事を言われました。
私は“連れて歩くと男性としては気分がいい女”だそうです。

素直に受け取れば嬉しい言葉なのですが、私も毎日鏡は見ていますからね・・・特殊メイク並みの手を加えないとそんな女性にはなれないって分かっています[もうやだ~(悲しい顔)]

でね、人柄の面は誉められないんですよ[バッド(下向き矢印)]
更に、誉められないどころか片方の人に「顔が良くてスタイルも良くて頭もいいのに、今でも一人でいるなんて性格に欠陥があるんじゃないか?」って言われまして・・・(お前に言われたくねーよっ[むかっ(怒り)])って拳を握りつつも、方側では(そうかもしれん[たらーっ(汗)])って思っている自分がいて[ふらふら]

要するに誉める所がないから、外見を褒めておくって感じなんだなぁ~って・・・

そんな訳で、イジケ虫。。。。。

だから、今回は状況が続くうちに「顔・スタイル・・・そしてお金かよっ[exclamation&amp;question]王道じゃん(T_T)」って、流れてしまったのです。

実際、たっくんは私が好きな事を知っています。あの人がアピールしてくれていたこともあって[たらーっ(汗)]

でも、矛盾してますが「お金かよ」って悲しくなるのに、当時のたっくんの状況を考えたら、一般的なモラル通りに責める気持ちにもなれません。
自己破産・ホームレス・頼るの三択だったから。

だから、あの人と縁を切る様なかたちになっても、敢えて私に白羽の矢を立てたんでしょうね。



なのに・・・分かっているのに、胸が痛い。

もう誰も私に近付かないで欲しい。
見かけ倒しだから、外見や下心で近付かないで欲しい。
そんなん惨めになるだけ。

そう呟きながらも、何度も割り切ろうと思った。

返済の時期に入るまで、気付かない振りをしていようと決めた時もあった。

いつ「貸して」って言われてもいい様に常に用意している自分に呆れる時もある。

たっくんの心が壊れてしまうのが怖いから、せめて金銭的なことが大きなストレスにならない様に私が何とかしようって思っているのに・・・。

そろそろ、何かをしなければ・・・株を売る・投資信託を解約する・外貨を売る・・・用意できなくなってきた状態に焦ってきていて、だからこそ、会合はお金の為?って事がリアルに心に響いてくるんだ。


じゃあ、どうして欲しいの?どんな形がいいの?

ん~ん???

何となく[phone to]しても、遊びに行こうって言ってもいいのかなぁ~ってのが、直面している疑問?

で・・・

こんな私でも人として好きになってもらえたらいいのに・・・

今の私が大切な人だったら多額の借金をするのは、ちょっと無い事だと思います。
だから、再会したきっかけは“お金を貸してくれそう”ってことが理由だったとしても、いつか”気が付いてみたら大切な人”になれたらいいのになぁ。

そんな自信全然ないし、ありそうもないって思うからこうやってへちゃむくれているのですがね[バッド(下向き矢印)]

信じていた気持も揺らいでしまって・・・
もう連絡なかったりして、って気もしてくる・・・

それならそれで仕方のない事なのだろうけど、どうしてこうなっちゃうの?



さて。冒頭の“MINDGAMES”ですが、何の関係があんの???
私の心のBGMです。
記事の解読の参考になれば幸いと思った次第です^^;


超長編、最後まで読んで下さった方、貴重なお時間の中、本当にありがとうございましたm(__)m


nice!(25)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

捨てる神あれば、拾う神あり? [恋愛]

あぁ~~~やっと週末だぁ!
なのにねぇ・・・。

4月に入ってから、体調が思わしくありません。
3月がまれに見る調子の良さで、ここぞ!と攻めたので、反動は来ると覚悟はしていたのですが、ちょっと想定外の崩れ方です(^^ゞ

原因の大きな一つは気持ちのバランスが取れないことです。

端的に言うと、タイトルの通りです。どっちが誰か・・・お分かり頂けると思いますが・・・(お分かりにならない方は、良かったらバックを読んで下さい^^;)

拾ってくれる神がね・・・。
実は「一目惚れ」だったんだって。知り会ってから10年以上も経つのに、変な事いいますよね。
私、鈍いとは思っていなかったけれど、さすがに今回はやられましたわ・・・。


・・・ここから、支離滅裂です(?_?)・・・


純粋に人から好かれるのは嬉しい。特に相手は大好きなままに振られてしまった人だし。

歳を取ったせいと本人は言っていますが、確かに当時に比べたら優しい。偶然、うちの近くにお得意様がいるので、こっちに仕事で来て可能な時には部屋に寄って行くし。
“惚れたもん負け”の原理だな、なんて言ってもいます。

でも、そうなのかなぁ?
“惚れた”“好きだ”ってのは、盛り上がっている時期の勘違いじゃないのかなぁ?飽きっぽい人だし。

だから、その気持ちを信じてみたいけど、やっぱり難しいよ。

あの頃は自分の素・正直な気持ちを出せなかった。それに気が付いていて、しかも「結構、言い返す様になったけど、でも今だって、半分も本心は言ってないだろ?」って分かってくれるけど、じゃ、素の私を見ちゃっても気持ちは変わらないの?

それこそ信じられない。
想像していなかった私が現れたら受け入れてくれないと思う。「変わったな」「好きなゆうじゃない」って背を向けられる時が容易に想像出来ちゃう。

当時の私は、おぼこくて、作為・打算・・・そんなもの無かった。
でも、残念ながら今の私にはある。
だからね、昔のゆうがいいって言われても、本当にどこにも居ないんだよ。

だから、戸惑っちゃう。

それにね、情けないけど・・・「まだ、彼が好きなんだよな」の言葉に  心から“そうじゃない”とは言えない。
泣く事はなくなったけど思いださない日はない。引出しに仕舞わないと・・・思っても、何気ない時に出てくる。

「いいよ。よっぽど好きだったんだね。気にしないよ」って言うけど・・・

・・・言うけど、歩くのが早過ぎるよ。
恋愛の最初って、そんなものなんだろうけど・・・。

元彼の気持ちが落ち着いて、会える日が来たら・・・って考えている自分もいるし、気持ちは離れたんだし、あんな泥仕合をしたんだから、時が経とっても無理だと分かって、新しい季節に向かおうって自分もいて・・・

で、思い切って、新しい季節に一歩を踏み出してみたはいいけど、思う様に意思の疎通が出来ないと、あっけなく動揺して(やっぱり人を好きになるのは無理。自分を伝えるなんて出来ないんだよ。相手の事だって分かれない)

そんな風に、私はまだ入り口でうろうろしているのに、どんどん先に歩いて行かないで。
早く歩くと、失速するのも早くなると思うんだ。それが怖い。

途方に暮れてしまう。


本当は“捨てる神あれば 拾う神あり” ってことで、有難い事なのでしょうね。
でも、寄りによって・・・人が問題だよ。

そんなこんなで、気持ちのバランスを取れなくて、調子が良かった3月の“攻めた”分の反動疲れもあって、がったがたの4月です^^;


神様。まだ4月ですよ。もう1年分の爆弾が落ちてきたと思うのですよ。ちょっと休止してくれませんか?
追いつけません(/_;)



nice!(20)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢絆・・・近藤真彦 [恋愛]

この歌を知っている人は、同年代で、カラオケに行く、実はマッチ好き・・・どれかに当てはまる人かなぁ?なんて思いますが・・・。もちろん私は全部当てはまります(#^.^#)

先日、やっとやっと“楽天レンタル”で手に入れる?事が出来ました。
なのに、イザ手元にくると、聞けません(^_^;) 当時の事が蘇ったら泣いちゃうんじゃないかな?って思ったんです。(基本泣き虫ゆっち^^;) 

何で泣いちゃうのか?  よくぞ聞いてくれました!!!


あれは・・・。
最近私を振り回す奴と別れてからのこと。同じ警察官の人で、左記の奴とは真逆とも言える“爽やか・穏やか・イケメン”な人と付き合ってもらえました。
多分、この事が人生で1・2位を争うサプライズだと思っています(*^。^*)
何せ、後輩に「先輩、Kさんと付き合っているんですよね?いいなぁ~トンビが油げをさらっていったってやつですよね♪」なんてのたまわれて・・・寸前のところで資料室に呼び出すところでした(^◇^)

でも、その言葉は本当で、自分でも夢みたいな現実だなって思っていました。

付き合い始めると同時に彼は退職し、実家に戻って会社員になりました。

私の住んでいる官舎から、高速を使って約1時間の中距離?恋愛です。

いつしか、彼が官舎にきて週末を過ごすのがお約束になりました。だから、金曜日の私は浮かれモードで、夕方、事件をまとめた一件書類に署長印を押して決済箱に入れる辺りではニコニコ(^^♪です。

“白バイの専門課程”いおいて最優秀と称えられただけあって、バイクが好きで、上手くて「横浜に豚マンを食べに行こう!」「福島にラーメンを食べに行こう!」「●●山に行こう!」なんてすっ飛んであるいていました。
時には山道で雨に濡れて・空腹で・・・残っていたチョコを分けて食べながら「昔の人ってこんなんだったんかな?」なんてトボけた会話をして・・・。
今、私が「オープンカーが欲しい」と言っているのも、当時彼が“スープラのエアロトップ”に乗っていて快感を覚えたからです(^^ゞ

カラオケにもよく行きました。二人だけではなく、彼の同期生で、私も一緒に働いていた人達と。
そんな時、「そろそろ行く?」と笑っては”夢絆”を歌ってくれたんです。他の人がほとんど知らないので、二人だけの世界がありました。

そして、自分の中で一番印象に残っている事。
彼が出張に行く際に、JR駅がとても近い私の官舎にまでバイクで来て、駅の往復は私が車を出していました。
ある日。約束通りに迎えに行ったのですが、彼の姿が見えません。
暫く待合室でうろうろしていたのですが、表に出て、駅の向こう側のPに行く歩道橋を何となく見上げて、動きが止まりました。
階段を上がりきった所に彼は立っていました。おあつらえ向きにライトが彼を後ろから照らしていて・・・スーツ姿に手にかすみ草の花束を抱えた彼は、マッチよりも(^^;)絵になっていました(#^.^#)

暫く眺めていたくなって、声を掛けずに見上げていました。
でも、そこまで鈍くない彼は惜しい事に意外と早く私に気が付き、階段を走り下りてくると・・・
「いつもお土産は甘い物ばかりだろ?迷ったんだけど、たまには花の綺麗さを楽しんでみたら?(^_-)」と渡してくれました。

しあわせだぁ♡ 
このまま時が止まってしまえばいいのに・・・。

ベタな事を考えましたが、残念がらそれは叶いませんでした。
自分のせいで・・・。

連絡もなく会えない週末がちょこちょこ出てきて・・・。理由は“兄弟が帰省したから遊びに行った”なんて事なのですが、我儘で寂しがり屋の私には(連絡くらいしてよ)(週末しか遊べないのに)なんて不服ばかりが浮かんでしまいました。
そんな時、近くにいる人が好意を示してくれ、隙間にじわじわと入ってきて・・・勢いと言うか、賭けと言うか、彼に別れを告げました。でも、彼は止めることはなく「元気でな」の一言で終わりました。
その簡単な言葉に何も読み取れなかった私は、彼の親友から「あいつは、来年になったら、ご両親に挨拶に行くってずっと言ってたんだぞ」って聞かせれて。そう言えば“SAY YES”を何故か練習していたっけな・・・なんて思い当たったりして・・・。

その後、何度となく付き合っては振られ・・・歳も取り・・・でも、嫌な思いをさせてしまった事も含め、彼の事だけはず~っと心の中で後悔しています。

携帯が今みたいに普及していたら良かったのに。八つ当たりしちゃいます(^_^;)

歴史に“もしも”はないのだけれど、心が折れた時などはふっと(あの時、もし別れなければ、病気になる事はなかったろうし、今頃は名前まで決めていた子供も大きくなって・・・人生の大失敗だ)つい考えてしまいます。


♪ Baby 青春ってやつは 蒼い傷が生きた証なのか 愛のかけら 心に痛いよ ♪
♪ Baby 男と女の絆 ガラスの糸だねもろくて 壊れた時 棘にも変わるよ ♪

今なら分かる気がする。

小学生からのスポーツ生活が青春だったけど、恋愛に関しては、この時が“青春”でした。
未熟な蒼さだけに、ただ無邪気に人を好きになって、気持ちの中一杯に広がって。たどった情熱を振り返って。だからこそ残っている気持ちをどうしたらいいのか胸に痛い。
繋がっていると思っていた絆も、本当は意外とモロくて、好きだったからこそ棘になり自分に刺さる。

♪ Baby 失くして初めて 人は幸せの意味 知るんだね ♪
ベタな歌詞ですが、身につまされます。

彼が心の側にいてれくれる事をしっかり感じられなかった私の未熟さ。


今日、夢絆を聴いてみたけど・・・ほろっときました。マッチの声が若いだけに、やっぱりこっちも若い頃にタイムスリップしちゃって。

元彼に振られたばかりなのに、そこなの?って思う方もいるでしょう。
逆に、今、空洞であったり、悩んでいたりするから、自分の原点を振り返りたくなるんです。

暫くは、若いマッチに浸らせてもらおう。
青春をことごとく思い出させてもらって、ゆっくり大人を見詰めさせてもらおう。


♪ 幸せにはぐれたら 帰りなよ この胸 ♪
帰れるところがあったらいいのになぁ~。

nice!(14)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

失恋。その後のエピソード。 [恋愛]

今更、書く話題ではないと思いますが、まさぼんの名誉の為にも。本人も書いてと言っていたので・・・。

私の中で、どうしても伝えたい事がありました。結婚に関しての事です。
相手(私)の親に“家のリフォーム”“火災保険の加入”の事など具体的な話をしていたし、うちの兄夫婦・まさぼんのご両親にも話をしてありました。私には「もう籍を入れていいよ」とか言っていました。それなのに、“こうなるんじゃないか?”という不安が出てきたので「結婚はしたくない」と。しかも、それを私の口から言うハメになって・・・。

百歩譲って、結婚の話を白紙にしたいという気持ちは受け入れるとしましょう。でも、私との意思表示は電話で(相手に言わせて)、親には何もナシというのはどんなものなのかと?

去年の3月に白紙に戻した事もありまして、自分の気持ちとしては今回の別れで諦めが付きました。
しかし、まさぼんにとっては、絶対この問題はこのまま流してしまってはいけないと思ったのです。まさぼん家では結婚に関してはフランクな考え方みたいだけど、ゆっち家では重要に考えています(両親は話題には出しませんが)し、私の意見ですが、社会通念上の常識からしていい大人のする事じゃないでしょ?と強く思ったのです。

ちょっと迷いましたが、活きの悪い話になるのは嫌いなので、行動を決めました。
私は、まさぼんに向けミサイルをロックオンして、メールで通知しました。(どんなミサイルかはご想像がつくと思います)何の連絡もなかったので、明日になれば発射という日の夜に電話をしました。

すると、まさぼんは私のミサイルが怖くてご飯も食べられなくて・眠れない日を過ごしていたそうです。(これは私の大誤算でした)
で、話をして見ると・・・。
私のメールを読み・ブログも読み、自分のした事が分かり、本当に中途半端な男であったこと・私を最後の電話で傷付けた事を知り、涙を流して誤ってくれました。

私は本当にミサイルを発射するつもりはありませんでした。私もまさぼんも喋る方なので、電話では嘘ではないけど、その時のノリで口が走ってしまう時が多々あります。悪いことではないのでしょうが、しかしそれも話題によりけりです。
なので、これからの人生、40・50・60代になって“好きな人が出来て結婚を考えた時には同じ事をしないで”と。口を走らせないで、相手に不安な思いをさせないで、覚悟して事は運んでねと。

それから、最後の電話でのまさぼんの言葉について。酔っていたそうです。(電話する時間帯はだいたい飲んでいます)
私が悪い方に取っていた事もありました。記事に書かなかった事に関しては覚えていないそうです。
やっぱり話をしているうちに泣いてしまいましたが、言いたい事・疑問に思っていた事は言えて・聞けたので、珍しくフラれた割にはスッキリしました。

でも、これはカンだったのですが「リセット別れの時って本当はスッキリ別れたかったんじゃないの?」と聞くと、か細い声で「うん」と言いました。

きっと、まさぼんは結婚もナシ・このまま別れるって事を言えなかったんでしょうね。病気の事を考えて、少しでも衝撃が軽い方がいいと気を使ったのでしょう。確かに、“治ったら戻れる”って事で私は頑張れました。
なのに蓋を開けてみたら“戻れる日は来るハズはなかった”んですね。じーんと沁みてくると(私、バカみたいじゃん?)って悲しくなりました。

でも、戻れる期待を描くたび、“待っていてくれないかも”という不安も浮かんでいました。だから本当は青天の霹靂ではなかったんですよね。

とは言え。

優しさって何なんだろう?

信じるってどうなんだろう?

もう、生活は大丈夫だけど、心の栄養が付くまでには、ちょっと時間が掛かるかもね。


nice!(14)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

燻製が出来ちゃうよ(^_^;) [恋愛]

人として、書くべきじゃないのかも知れませんが、この数日、頭から離れなくて“立ち直り宣言”を遅らせてしまっている事があります。以前、私は“喧嘩などの場合に、次の日になって、あれ?って改めて意味が分かったり、疑問が出てきたりする”ところがあると書きましたが、今回もそれです。


彼との最後の電話の時なのですがね・・・。用事の話が済んでから、私に対して“興味がなくなった”と言われた事は書きました。そして、その後もしばらくは話した事も。
で、その中で彼に言われた言葉のことなのですがね。

話をしているうちに、脈略もなくポロン・ポロンと出てくる私に対しての言葉。
全部は書けませんが、「相手と慣れてきたら、私は・私は・・・だもんな」「で、車、買ったんけ?」「まだゲロゲロ吐いてんの?」「また、サイパンでも行って来たら?よく一人で行ったよなぁ」「しおらしく言えたら、昔は少しはモテたと思うぞ」・・・距離感のある話し方に、更に言葉の終わりに“笑”が入っていたりするんです。

その日は、「興味がない」の一撃でパニックになっていたので、(車を買う時には交渉係りしてねって言っていたのに、それは蚊帳の外。“昔は少しはモテたっ”て・・・仰るほど悲惨ではありませんでしたよ。)程度のことを心で言いながら悪あがきだけして切りましたが・・・。

それが日を増すごとに言葉を思い出して・・・大きくなってきて「なんで今?なんでそんな風に言うの?」ってショックがどうしても頭から離れなくって。
当然?全てが最近の事ではないんですよね。むしろ、当時はいい塩梅に流されていた事も、笑いながらの指摘に変わってしまっていたんです。

きっと、彼の心には私に興味がなくなってから、改めて自分がした大変だった事・辛かった事・本当はイヤだった事・・・が、ど~んと押し寄せてきているのでしょうね。確かに、相当な負担を掛けてしまいましたし。

でも、それを望んじゃいけない?都合のいい?考えかも知れませんが、相手と付き合う事は出来ないって心が決まっていたら、そんな笑って茶化すような、遠回りな言い方をせずに、大人らしく、真面目に事実を伝えて欲しかった。その中で、具体的にイヤだった事を教えてくれたら、今の気持ちも全然違うのに・・・。

そして、この事が燻製が出来ちゃうくらい、くすぶっているのです。
離れてしまった事には諦めが付きました。
でも、このくすぶりが少なくならないと“宣言”を出すのは難しいな・・・。
んもぉ~自分で切るしかないんだぞ!(言い聞かせ)



明日は、舞浜に行ってきます。高速が混んでいなければ、50分位で現着です。
数年振りの高速運転はちょっと緊張しますが、ゆるりと行ってきます。
一人だし、気張ったついでに、エステを受けてみようかなぁ~。


戻ってきたら、“宣言”を出せる様に、泣いてもいいから好きなようにしてきたいと思います。



すみません、暗い話題ばっかりで・・・(>_<)





nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

振られちゃいました。 [恋愛]

前記事とは大きく違っちゃいます…。

彼にも関係のある事が発生?したので、とっても迷った挙句、久し振りに電話をしました。

最初は用事の事、次に政治の事・・・だらだら話に入った時私のブログは読んでいないと言われました。
(え、毎日チェックしていたのに)と思い、聞いてみたら「興味ないもん」とけんもほろろな言葉。
「相変わらず、ゆっちワールドなんやろ?それに、声のトーンを聞いていたら分かるわ(いい状態だって)」

それで、嫌な予感がまたまた的中か?と思い、「やりなおしたい」話を向けてみました。
彼の癖?作戦?で冗談なのか本気なのか分からない口調で話すのですが、私も事が事だけに今日は本当の気持ちを言っているなぁ~と感じました。

話をした揚句、結局は「戻れない」と言われました。
嫌いになったんじゃなくて“付き合う”事自体に乗り込む気はないと。
そして、連絡がなくなったのも、今回ばかりはN先輩のご神託もハズレで「いつ頃からは分からないけど・・・空白の時間がそうさせたのかな?」「興味がなくなったから」だそうです。

そして「俺の中にゆっちは存在しているから、友達になれるよ」って言いましたが、私は昔から、付き合っていた人と友達になるのは無理なんです。“便利屋さん”にはなってくれるでしょうけどね・・・。でも、友達以外ではナシかなって言われました。
「確かに、ゆっちは人の能力を引き出す力があって、スゴイなっていつも思っているよ」とフォローしてくれましたが、慰めにもなりませんでした。

笑っちゃいますよね。私は病気が治ったら彼に会いに行って、そして緩い時間の流れの中でまた二人で笑いあおうなんて考えていたんですものね。

彼の心は本当に疲れきってしまって、まだまだ癒えていない・・・そしてそうしたのは私。
でもあの頃、両親は離婚騒動で私の病気は二の次になっちゃったこともあって、彼の渾身のサポートがなかったら弱い私には苦しい闘いを続ける気力を保てなかった。
でも、当時の私にそのサポートに頼る以外の方法は取れなかった。
今は悔やむ気持ちだけど、当時はそんな心のゆとりは全然なかった。

彼は「出会いは必然」といつも言っていましたが、それなら私達の出会いの必然は「私に病気に向き合いなさいってタイミングを与えるものだったの?そしてきみを壊す事だったの?」と聞くと「そうじゃない、そんなんじゃないよ」って言っていたけど、何がどう違うのか良く分からなかりませんでした。

でも、こんな風になるのだったら、彼に会わない方が良かったのかも。愛情を一身に受けた事は嬉しいけど、彼が泣いたり・壊れなくて済んだのなら、その方が良かった。

その後も、結構話しましたが、ボツボツと覚えているだけで、文章にはなりません。

電話を切る時には二人とも繕って、明るく「またね」と言いましたが、妙に悲しかったです。


これから、どうすればいいんだろう?
モチベーションの大きな一つが無くなってしまった。病気は後退してしまうだろうなぁ。
(せめて早く聞けたのが不幸中の幸い?)

今まで思い出さなかった事も次々と浮かんでくる。
喧嘩をしたり、がちゃがちゃしながら二人のスタイルを作って来たのに、憎んで別れたわけじゃないのに、こんなにも脆いものだったんだね。

やっぱり“愛”なんて幻想だ。
自分が悪いって分かっていても、・・・人の心なんて信じられないと思っちゃう。
♪ 約束はいつも 消えていくもの 知っていたのに 信じたバカ ♪  (プリプリ・・・港の見える丘 より)
本当、ピッタリ。

何度も振られているけど、今までとは違って・・・。

彼の心を癒やして元気にして下さい。

涙はいつ流せばいいんだろう?


記憶喪失になれたらいいのに。






























nice!(16)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

負けないで・・・ZARD [恋愛]

病気の事と被るのですが・・・。
私は彼と去年の3月に別れました。ずっと読んでいて下さる方は、いきさつも全部ご存じかと思いますが。
彼は、私をずっと支えてくれていました。辛くなって・症状が出てやりきれなくなった時・・・気持ちを、自分を殺して明るく笑い飛ばしてくれたり慰めてくれたり。
この3年間は彼がいてくれたから頑張れたと言っても過言ではありません。


その彼の事なのですが。
別れる数か月前、彼が「(病気に関して)今までは、ゆっちが振り向いた時にすぐ後ろにいなあかんなぁって思っていたけど今からは違うな。ゆっちの好きな歌で言えばZARDの“負けないで”の歌詞みたいに離れていても心はそばにいるって状態や。一緒にいる時間が少なくても(元々少ない)いつも心はそばにいて応援してるってな。」って言いました。

その時は“別れる”って考えていなかったハズ。虫の知らせかねぇ?


散歩の時にデジタルプレーヤーから流れてきた「負けないで」 
♪ 負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて
      どんなに離れてても 心はそばにいるわ 追いかけて はるかな夢を ♪

きっと別れた当初はこんな感じだったのかな?

でも今は
♪負けないで ほらそこに ゴールは近付いている
      どんなに離れてても 心はそばにいるわ 感じてね 見つめる瞳 ♪

なのかな?

とは言え、本当に心はそばにいてくれているのだろうか?私を見つめていてくれているのだろうか?
ふっと問いかけてしまう。
別れた時の台風が去って見回していみたら、壊れている事・修繕が必要な事が幾つも見付かったと思う。その一番は”疲れた自分の心”だったはず。前にも書きましたが、私だけが傷付いたり・凹んだりしているんじゃないんですよね。だから・・・。

別れる時には“足になるから”と言ってくれた。
車を買う時も“交渉係り”をしてくれるとも。

でも、今は会いたくない。会いたいけど・会いたくない。
自分がどんな顔になっているか分からないけど、“いい笑顔で笑えない”うちには会いたくないの。
たかちゃん先生とサヨナラするまでは・・・って事だよね。

♪ きみに会いたくなったら その日まで 頑張る自分でいたい ♪ (ZARD~きみに逢いたくなったら・・・より)

そう、その日が来る事を目指して、まだ頑張ろうかな。おんぶに抱っこから卒業して自分の足で立ったり・蒔いた種は自分で刈り取る事が出来るくらいには・・・ね。

どうなるのかは分からないけど
♪ きっと運命が 二人の味方をしてくれるでしょう ♪  (同上)

ちょっと信じたい自分。

そして、いつものN先輩の「思っているからこその沈黙があるよ」の言葉も、なるほどぉ~です。

そんな訳で、車を買える時が来てもたかちゃん先生とサヨナラしていなければ頼らないし、舞浜に行きたくなったら何とか一人で行く。

ちょっと意固地になっているみたいだなぁ~とも思いますが、もう彼に負担を掛けたくない。
だって、“無理はしない主義”って言いながら沢山無理していた、今にしてみれば
♪ 大丈夫だよという君の言葉が 一番大丈夫じゃない ♪  (同上)
って感じだったものね。
だから、病気の心配をなくして、本当に大丈夫になって二人で笑ってみたいから。

「2年後に高慢ちきに戻って現れたら、張り倒すぞ」って言っていたね。その時は(まさか2年も掛るのか?)って思いましたが、実際、掛かりそうです(>_<)

せめて“高慢ちき”に戻らなうように気を付けながら
♪ 負けないで もう少し 最後まで走り抜けて ♪
みることにいたします。



nice!(12)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鈍感だなぁ~。 [恋愛]


今日も時間差ネタです。おとといの夜、まさぼんとチャットをしていた時の事。

「ブログを更新しなよ。どうせ睡眠導入剤は効かないんやろ?」という懐かしい言葉に「今から書くよ。睡眠導入剤は、変えてもらって眠れない日がほとんどなくなったよ」と答えると「なら、はよ寝ろ」と言われました。

ゆ「そうなんだよねぇ~。だから早く寝ようとしてる。ちょっとだけだけどね(*^^)v」
ま「とはいっても、MID NIGHT は唯一ゆっちが誰にも気兼ねしなくてもいい自由な時間やもんなぁ」
ゆ「そうそう!まさぼんは分かるよね、この時間が“FREEDOM”」
ま「YES!YES!YES!」
ゆ「でも、時間を少なくするようにしているんだよ」
ま「心配すんな。楽しい事があるんだから進歩している証拠や」

その後、ブログに関しての事でちょっとアドバイスをもらいました。他の方も言って下さった事ですから、特別な内容ではありませんでしたが“まさぼんらしいなぁ~”って感じました。

・・・・・・ま「ごめん、ブログ更新の邪魔したな」
ゆ「いやだぁ~(#^.^#)」
ま「何が?」
ゆ「だってブログ書いているより楽しいもん。それに理解してくれる人(ばさぼんではない)がいるから、臨機応変に調節しちゃうもん」
ま「鈍感は直らへんな」
ゆ「ん???」
ま「時間見てみ」
ゆ「すみません。おやすみの時間ですよね(>_<)」
ま「じゃ、寝るわって言いにくいし、相手に気遣うのも必要やで」
ゆ「はい。嬉しくて鈍感度が上がってしまいました」
ま「大人になろう」
ゆ「う~気を付けます(>_<)」
ま「●●市(私が住んでいる市)とは12時間時差があるのかも 笑」

本当に、私って鈍感だし、気を使えない・・・(/_;)
そうだよねぇ。電話の時には「もう切っていいですか?」の言葉がサインで、その後まさぼんが幾つかネタを出してきて「おやすみ」を言う。でも、チャットでは、まだ“お約束”が出来ていない。ん~・・・私が時間を気にする事にしよう!何か決まり文句を考えておこうっと。

チャットの事。サービス開始はとっくの昔ですが、私には新鮮なコミュニケーションの取り方です。
まだ始めて数日ですが、面白いなぁ~って思っています。
だって、私がまさぼんの話に対してコメントを書いているのに、次の話題が振られてくる。そして、その逆もある。がちゃがちゃと言葉が飛び交っている。なのに、混線して話が見えなくなることはない。そして、この方法なら私が際限のない話を展開するのを防止出来る。
そして発見?私は1行を全部書いてから送信するのですが、まさぼんはセンテンス単位で送信する。で、まさぼんのやり方の方が「まだコメントが続く」事が分かりやすい。
早速真似しています。

まだまだ「馴れた」とは言えませんが、楽しいです。
そしてこうして少しづつ彼と接する時間が増えていけばいいなぁ~と思います。

それにしても、私が一番リラックス出来る状態・時間帯を“覚えていてくれた”事が嬉しかったです。更に、記事を読み続けていてくれ、私が変わった事を感じていてくれた事も。

くれぐれも彼が無理をしません様に。


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こなせるかな・・・? [恋愛]


夕べの事です。かたかたブログを書いていると、まさぼんから電話がありました。
(ん~。この時間に電話があるって事は、今日は休みだったんだな~。何かあったのかな?)と思いつつ出ました。

ま「ハロ~。元気?調子はどう?」
ゆ「ん。いい感じだよ」
ま「作ってない?」
ゆ「作ってない。あ~何か懐かしい言葉だよね。作るかぁ~。今、作るとしたら正気の人?」
ま「あぁ~いいこった」

ま「今、メール開いてる?メッセージ送ったんだけど」
(ブログを下書き保存にして、メール画面を立ち上げた)
ゆ「あ、来てる。・・・開いたよ。何これ?」
ま「チャットや。まぁいいから、登録しようや」←MSNメッセジャーでした。

その後、まさぼんの根気ある指導?のもと、何とか無事に登録を完了して、チャットが出来る様になりました。
しかし、チャットを始めるにあたってのID・パスワードをまさぼんの方が覚えている・・・大丈夫か???

やっと私が最低限の範囲でメッセンジャーを理解出来たので、早速始めることにしましたが、その前に!
またもや、まさぼんの指示に従ってぱたぱた作業をすると・・・“画像付き電話”が出来るではないですか!!!
あ~購入してから、早1年になろうとしているこのPCちゃん。やっと使ってもらえる機能が増えたよぉ~!
気に入ったので買った型なのですが、カメラが付いていて良かったと思いました。

約5月振りにカメラを通して出会ったまさぼん。光の加減で白く見えるけど、瞼の中と同じだ。
ゆ「痩せた?」
ま「太ったよぉ~」
ゆ「ん~。良く見ると顔のラインが丸くなったかな。で、お腹は?お腹映してよ」
ま「やだよぉ~」

ま「カメラの角度良くないなぁ。デコしか映らん。あ、映った。もたいだ!」
ゆ「失敬だよ。このね、中途半端に映っているメガネと前髪ね。これが悪いんだ。でも、髪は切ってくるから」
ま「えぇ~!」←前髪の長いのが好き

それから、電話とチャットを同時に使ってちょっとばかり会話をしました。

ま「ねぇ、オークラのポイントが1万円分残っているのですが・・・」
ゆ「よし、行こう!(豪華なランチが食べられるじゃ~ない?)」
ま「は?」
ゆ「使いたいんでしょ?」
ま「・・・行けない」
ゆ「ご褒美休暇もらっちゃったの?」
ま「逆。もらっていないし、9月が終わるまでは無理。Sのうちがな、野菜の栽培いもちょっと力を入れる事になってな、それが落ち着くのが9月なんやって。7月の休み3日だよ」
ゆ「みっか!これまた酷使ですねぇ~」
ま「はぅ~」

ま「なぁ、これが出来たら“LOVE定額”いらんと思わん?」
※LOVE定額~月額300円で指定先一件の通話・メールが無料になるサービス。でも、今は廃止されており、機種変更をすると同時にサービスが受けられなくなる。・・・抜け道がないわけでもないけど、積極的にはしたくない。
ゆ「うん。まぁ~ねぇ」
ま「な、大丈夫やろ?だから(私が)機種変出来るで」←サービス維持の為に機種編を我慢していた私。
ゆ「ん~そうだねぇ。でも・・・・だからチャット開設したの?」
ま「うん」
ゆ「ありがとう」
ま「そんなもんや」

はぁ~。反対の立場だったらどうだっただろう?やっぱり君の“気回し”には敵わないなぁ~。

思わぬ出来事でしたが、彼の心の垢が少し剥がれて、疲れも少し癒えたのかなと思えてホッとしました。
こうして少しづつ、彼の心がリセットされていけばいいなぁ。
私はその間、体力を付け・精神的に強くなれる様に心掛けて、えっちらおっちら歩いていよう。

だけど、うまくチャット・画像付き電話をちゃんと使えるようになるまでは、(携帯の)カタログを見て品定めしながら(どうせ、すぐには決められないし)様子を見よう・・・電気屋の子供のくせに機械には滅法弱い・・・。
あ、音声レベルが低いからマイク買いなよ、と言われたのに、調べられなかった。

そんな訳で、おやすみをしたのは2:30近くでした。
ブログの続きを書く気力もなくなり、新しい局面を味わいながらぐっすり眠りました。

ちなみに。今日も律儀に「お休み」チャットが届きました。
毎日の「ただいまコール」が義務みたいで疲れる時があるって言っていたのに・・・。
無理しないでね。
私は、かる~く無理をしながら進むからさ。






nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道・・・森高千里 [恋愛]


夕べ、いい事を思いつきました。それをブログに書く前に、閃きでまさぼんに電話しました。“出なくてもともと”と思っていましたが、出ないどころか留守電に転送されてしまいました。でも、メッセージは残しておきました。
その後、ブログを書いていると・・・1時間後くらいにまさぼんから電話が掛ってきました。
(うそ~ん!)と思いつつ電話に出て・・・「はい。もしもしぃ~」ってまさぼんの声を聞いたら・・・ぽろぽろ。
ゆ「あ~。まさぼんだぁ(T_T)」
ま「潰れる・・・」
ゆ「えっ?何・どうしたの?」
ま「潰れるよ・・・」
ゆ「何があったの?」
ま「俺じゃないよ。会社。会社が潰れそうなんだよ。まぁ、元々危ない会社だからなぁ」
ゆ「な~んだ。もぉ~(-"-)」

そんな挨拶?で4か月ぶりの会話が始まりました。~ダイジェストで~

ゆ「ねぇ。シカトしてたでしょ?」
ま「してないからっ!俺は最近早く寝ているの。もう11時には寝てんだから」
ゆ「じゃ、何でこの時間に電話してんの?」
ま「起きちゃったの。そしたらメッセージ入ってから。って、あんたが掛けたんでしょ」

ま「あんた、記事読んでると変わってないねぇ」
ゆ「そう?どんな感じで?」
ま「相変わらず、私はすごいって言いたそうな感じが滲み出ている」
ゆ「えぇ~!!!まだ、おごった奴?(@_@;)」
ま「そんな感じじゃないけどな。あんたらしい。でも、あんた変わったで。よぉなったわ。益々、俺じゃなくてもええなぁ。稲本みたいにサッカー出来へんしな」

ま「あんた、調子ええなぁ~。酔っ払ってるんやろ?(^^ゞ」
ゆ「酔ってないっ!」←家で晩酌してきていたし、結構呑んでた。でも、酔いではなく“舞い上がった”が正しい。

ゆ「ねぇ、車買いに行く時に、一緒に行ってくれる?」
ま「行くで。友達としてだったらな」
ゆ「友達って・・・」
ま「だって、お別れしたんでしょ」
ゆ「でも、それは・・・リセットするために・・・」
ま「でも、お別れ中でしょ。もう、どうしたいの?」
ゆ「うん。・・・元に戻りたい。病気も良くなったの。ん~何かあっても、まさぼん助けて!じゃなくて自分で何とかしてやるって思えるし、あ、体力はまだイマイチ付いていないけどね、」
ま「分かった!慌てるな、慌てるなっ!」
ゆ「・・・はい。(あ~やっちゃったぁ!)でも、友達ですって顔して一緒にいても、どうせ私の気持ちは分かっちゃうんでしょ?」
ま「大丈夫。気が付かない振りしてあげるから(^-^)」

そんなこんなで時間が経ち・・・。
ま「もう切っていいですか?」 という、いつものセリフが出ました。で、そこから自分でネタを振って何度かセリフを繰り返すのですが、やはり・・・。
何だか妙におかしくって笑っちゃったら、まさぼんも笑い出して、「じゃ、バイバイ!」

嬉しかったけど、とてもドキドキしました。あんなにドキドキしながら電話で話したのって何年ぶりだろう?

電話で話せないと思って、伝えたい事(プラスの方)をメールで送っておきました。今日、読んでいるでしょう。どのみち、言葉では言えませんでしたし。

でも、話して彼が私との間にバリケードを張っている事が分かりました。そりゃそうですよね。色々な事があったこの数年間を流すのに・自分のペースを取り戻すのにはまだまだ時間がかかると思います。彼は相談する人はいないし、する人ではありませんし。私からは入れません。自然とバリケードが薄くなって彼が自分から消してくれるのを待つだけです。時間はたくさんあります。病気を治しながら、高慢ちきを直しながら待ちます。彼が夕べの様に、私に気を使って“元気に振舞って”くれなくなるまで。

だけど、ずっと見ていてくれている。分かった。“見えないものは信じない”自分がまだいたみたい。「あんたがいる事、俺は知っている」その通りだよね。そう言えば、別れる日の電話で「俺は京都には帰らないから」って言ってたね。それだ。
人を愛したのなら弱気になることはあっても、貫ける強い人間にならなきゃ。
次にドキドキする日までに、もう少し強くなれますように。
次に話す時には「ゆっち」って呼んでもらえますように。

お題の「道 by森高千里」を選んだのは・・・。
♪雨も 晴れも 雪も 嵐も
    街も 坂も 駅も バス停も 
        川も 船も 鳥も 港も  あなたの想い出忘れないわ
二人だけのこの道 信じているわ いつか あなたときっと・・・♪










nice!(14)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。