So-net無料ブログ作成
検索選択

PRIDE [日記・エッセイ]

あっと言う間に師走になってしまいましたねぇ~~~[exclamation]
またまた更新の間が開きましたが、皆さんはお元気でしたでしょうか?
わたくしめは、今年2度目の風邪を引き、この二週間ほど咳に鼻水に苦しんでいました[バッド(下向き矢印)]この数年間、たかちゃん先生の心配をよそに風邪らしい風邪をひいたことがなかったのに・・・歳だわ[たらーっ(汗)]

で、今・・・。

今月の[病院]診察日に、またママりんと衝突[バッド(下向き矢印)]
毎度のパターンで、“そんな事言うか?”って言葉の連続。。。

やり切れなくなって泣き出した時にタイミング良く?診察の順番が回って来た。

診察室でもポロポロ泣いている私を見て、たかちゃん先生が戸惑った顔で「何かありましたか?」と聞かれましたが、ママりんは社交辞令の様に笑いながら取り繕うとした。
そこで私が“そうじゃない”と、やり取りを話すと、先生がママりんに声を荒げて「いい加減認めてあげて下さい!」と・・・。

それがママりんの理性を吹っ飛ばした。

先生に嘘を付いた。

ショックだった。こんな場面でさえ“保身”なのかと。。。

結局は収集が付かなくなって、二週間後にまた来てと言われてしまった。やっと四週間スパンの通院になったのに[もうやだ~(悲しい顔)]

今回のママりんの文句の一番は私が“経営者気取りで生意気”という事だった。そして、その意見を信憑性のある事とする為に、やっぱり嘘を付いていた。
何で分かったかって言うと、オヤジに全てを話して本当か聞いてみたから。
オヤジは私を溺愛しているけど、間違っている事をしていたら間違っているとちゃんと説明して指摘してくれる。

ママりんはどうして???
そんな疑問を口にするとオヤジは「いろんな事の八つ当たりを出来るのはお前だけだから」「そういう意味でお前を子供とは見ていないみたいだ」と言った。

普通なら信じられないことだけど、思い巡らせてみたら何か納得出来た。
その一つに・・・今年聞いたのだけど、就職した時、公務員になれた時ね、「自分は落ちたのに、どうしてこの子が受かるのよ?」って、ショックで腹が立ったそうだ。
まぁ~私は周りにせせら笑われるくらい無謀な賭けだったけど、ママりんは周りに”確実”って言われていたそうだから・・・。

でも。。。
「お父さんも歳なんだし、しっかりして」「赤字、どうすんの」などと言われて、当然だし頑張って来た。
少しだけど仕事に対して頭を回転させらるようになってきて、任される事も増えて来た。
そうなったら「生意気」だ。

以前も書いたけど、ママりんは感情に任せて閃いた言葉を思考回路を通さずに口にするし、自分の価値観を押し通そうとするから青天の霹靂ではないし、矛盾している様だけど基本的に悪気はない・・・

事務所に顔を出す事がないママりんが“蚊帳の外”にいる気分にならないかな?と思って、二人でいる時に仕事のことを話すようにしていた。
そんな時、芸をした犬が“誉めて”って尻尾を振る様に、私も“ちょっと進歩してない?誉めて”ってオーラが出ていたんだろうなぁ~それが感に触ったのだろうな。
結局、裏目に出ちゃったのか。

それにしても・・・

どうしたらいいんだろう???
どうして欲しいんだろう???
私は間違っているんだろうか。

私はただ両親が築いた商売を続けたいだけなのに。
借金を背負って、がむしゃらにやって来た結果を残したいだけなのに。


たかちゃん先生は病気になったのは誰のせいでもないって言ったけど、私は自分の性格のせいだと思う。
それを少しずつ修正しながらやってきて、でもその間にやりがいを感じていた仕事を二度諦めた。
色々な経験が出来ているんだと分かるけど、悔しい思いが残っているのは否めない。

ここに帰って来なかったら“継ごう”と決めなかったけど、決めた以上は今度こそ全うしたい気持ちでいた。

諦めるのは嫌いだ。
中途半端も嫌いだ。
自分を追求してみたい。
可能性を信じていたい。

でも、もう止めようかな。。。

ジョンに会いたいなぁ。



今日のおまけの歌は、CHAGE&ASKAの「PRIDE」です。
♪夢に乗り込んで 傷付いて知る事 誰も知らない涙のあと 抱きしめ損ねた恋や夢や 思い上がりと笑われても 譲れないものがある・・・♪
このくだりに胸を打たれます。




nice!(10)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 14

やっぴー

ゆっちさん大変だったね。
ママりんという身近な人だけに避けては通れないしね。。。
「病気になったのは自分の性格のせい」と認めて、多少の軌道修正は必要かもしれないけど、自分を否定したりしないでね。
ゆっちさんは、ゆっちさんのままでいいと思うから・・・。
上手く言えないけど、応援している奴がいるってことを覚えていてほしいです。
by やっぴー (2010-12-12 03:53) 

ram

辛くても、ジョンに会いに行ってはいけません!!!
ママさんは、先生が言われるように、
本当に良く病気のことが分かってないのですね。。。
身近にいて見ていらっしゃるのに・・・
親だったらもう少し心を痛めますよね。。
先生は、まずママさんの治療を考えられないと、患者さんが
良くならないって。。
ライバルって、、前世の因縁なのかな~~
by ram (2010-12-12 09:24) 

ゆっち

やっぴーさん。
ありがとうございます。
そうですね、母とは上手に距離を保っていけたらいいと思います。
応援して頂いていること、いつも心強く感じています。
気を取り直して頑張ります。
by ゆっち (2010-12-24 21:18) 

ゆっち

ramさん。
先生も母の言動を不思議に思っていらっしゃいました。
でも、ジョンの所には、お線香を上げに行くだけにします。
きっと、前世で何かあったのですね^^;
気を取り直して頑張ります。
by ゆっち (2010-12-24 21:22) 

ゆっち

kobakobaさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2010-12-24 21:23) 

ゆっち

qoo2qooさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2010-12-24 21:24) 

ゆっち

みちるさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2010-12-24 21:25) 

ゆっち

爆弾小僧さん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2010-12-24 21:25) 

ゆっち

まっきーさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2010-12-24 21:25) 

そういちろう

ご無沙汰しております。
ゆっちさんも色々大変な事があったと思いますが
1つずつ物事に対して真面目に考えて
乗り越えていこうという姿勢に勇気をもらっています。
年をとるとメモリもCPUも低くなるのです、たぶん。
というか今までの経験が整理されてないと
整理されないままごちゃごちゃしてる所に
新たな発見や情報を整理するスペースも以前よりどんどん減るし
満タンになってくるのです。
私の母は、年いってきたら複数の事を1度に考えられない、
昔みたいに一遍に出来ないから
今考えてるから横からごちゃごちゃ話かけないで!と
最近よく言います。
更年期を迎えてからは、自分でもビックリするような
ひどいことを言ってから何でこんな事言うんだろう と
びっくりしたりするそうです。
後 子どもには何かを期待してしまうようで
その通りにならないと機嫌が悪くなったり
はたまた自分が悪いのかと思ってみたり
悩んだりもするみたいです。
飽くまで1例ですが(^_^;)
ご本人の性格とかにもよるので何ともいえませんが
子と思えばこそ
強い発言が出てくるのだと思います。
ゆっちさんが1人で思い悩まず
お父さんとお話できているのはいいことだと思います。
前向きでいれば、お互いいい距離間が出来て
いい関係になれるときがきっとありますよ。
by そういちろう (2011-01-05 23:31) 

ゆっち

chiwarinさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2011-01-11 20:26) 

ゆっち

タッチおじさん。
大変ご無沙汰しています。
ナイスありがとうございます。

by ゆっち (2011-01-11 20:27) 

ゆっち

suzuranさん。
ナイスありがとうございます。
by ゆっち (2011-01-11 20:28) 

ゆっち

そういちろうさん。
ご無沙汰しています。
コメント、本当にありがとうございます。
仰っていること、幾つも当てはまることがあり、考えさせられました。
“子どもには何かを期待してしまうようで
その通りにならないと機嫌が悪くなったり”
この部分は、母はとても大きく抱いていると思います。
でも、考えてみれば、何も期待してもらえない・気にされないよりもいい事ですよね。
性質や価値観の違いはありますが、父と言う存在もありますので、時間はかかっても“いい距離感”が作れる様に心掛けて行こうと思います。
勇気を貰っているのは私の方です。

by ゆっち (2011-01-11 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。